遊撃前付近のボテボテの打球→猛チャージで捕球→ロンググラブトス

ロッキーズ 6-5 カブス(日本時間11日・コロラド)

 ロッキーズのノーラン・アレナド内野手が10日(日本時間11日)、本拠地のカブス戦で華麗な美技を見せた。MLB公式ツイッターは「ノーランは好守備の仕方を知っている」と動画付きで紹介。ファンから称賛のコメントが寄せられている。

 2回無死一塁の守備だった。左打者のカラティニのボテボテの打球は遊撃付近へ。シフトで三遊間を守っていたアレナドは打球に猛チャージをかけて遊撃前付近でキャッチ。送球ではもう間に合わない。二塁ベースに入ったマクマホンへ“ロンググラブトス”した。一塁走者のゴンザレスはボテボテの打球にセーフと判断したためベースへは滑らず。アウトになると、二塁ベース上で呆然だった。

 これまで三塁ファウルゾーンから反転して一塁へジャンプ送球するなど“鬼肩”が話題となっていたが、グラブトスでも魅了した。ファンは大興奮だった。

「球界最高の三塁手」

「ナイスプレー」

「君は魔法使いだ、ノーラン!」

「もう彼にまたゴールドグラブ賞をあげて」

「彼は素晴らしい」

「彼が大好きだ」

 デビューした13年から6年連続でゴールドグラブ賞を受賞中。球界最高の三塁手に相応しい好守だった。(Full-Count編集部)