愛知ディオーネは投手陣が好投を見せるも、打線沈黙で1点に泣く

 女子プロ野球・夏季リーグは9日、愛知・一宮市営球場で行われ、埼玉アストライアが愛知ディオーネを1-0で下した。

 アストライア先発の水流が1回から2つの空振り三振を奪い無失点に抑えるピッチングを披露すると、ディオーネ先発堀田も1番中田から見逃し三振を奪うなど三者凡退の投球を見せ、試合は序盤から投手戦の装いを呈する。

 3回表、ディオーネは2死から1番西山がチーム初ヒットとなるピッチャー内野安打で出塁するも、後続が続かず無得点。対するアストライアは4回、この回先頭の2番田口紗帆が内野安打で出塁すると、盗塁を試みるがディオーネ寺部の強肩に阻まれアウト。4番今井志穂がレフトの頭上を越えるツーベースヒットを放ち得点圏にランナーを進めるが、ここは堀田が踏ん張り両チーム無得点のまま試合は終盤へ。

 5回裏、アストライア先頭の8番山崎まりがレフト線を破るツーベースヒットで出塁すると、1死三塁から久々のスタメン出場となった8番奥村が、レフト前にはずむ先制タイムリーヒットを放ち、ついに試合の均衡を破る。

 奥村は「打てて素直にすごく嬉しかったです! 自分の正しいスイングを常にする事と、練習でもファーストストライクや最後の球をヒット性の打球を打つ事、打席の入り方を意識して練習してきました。接戦での試合で得点するタイミングがなかなかない中、いい場面で回ってきてくれたので、いいイメージを持ち、1アウトランナー三塁だったのでとにかく外野に打つということを考え打席では集中できました」と喜びを語った。

 6回表のディオーネ打線も三者凡退に抑えたアストライア先発・水流は、プロ初完封をかけて7回のマウンドへ。1死から死球を与えランナーを出したものの、落ち着いて後続を抑え試合終了。

 堀田ありさと水流麻夏という次代の女子プロ野球を担う2名による投手戦は、7回を被安打わずか1に抑え、4奪三振を記録してプロ初完封勝利となった水流に軍配が上がった。

 水流は「今日までいつでも投げられる準備はしてきました。正直、夏季リーグ始まる前は少し調子が悪かったのですが、自分のフォームで投げることを意識して練習してきました。自分の持ち味であるコントロールと変化球で上手く打者を打ち取り、そして野手がエラーなく守ってくれたので完封することができました。本当に嬉しいです。今シーズンは10勝を目標にしてます。先発、リリーフ、抑え、どこでも起用してもらえるように信頼感のある投手になりたいです」とコメントした。

 一方のディオーネは投手陣が好投を見せるものの、打線が最後まで水流をとらえることができず、悔しい完封負けとなった。日本女子プロ野球リーグ