日ハムの中田、王柏融、中島にタイムリー浴びる

日本ハム – 広島(交流戦・11日・札幌ドーム)

 広島の野村祐輔投手が11日、敵地・日本ハム戦に先発し、1回6安打5失点でKOされた。

 1回表に1点のリードをもらった野村だが、1番・西川、2番・大田に連打を許すと、近藤は四球で無死満塁。中田にはレフトへの2点タイムリーを浴びた。さらに、王柏融にもライトへの2点タイムリーを許し、1-4とされた。

 渡辺は見逃し三振、清宮は一ゴロに仕留めたものの、清水はライト前ヒットで2死一、三塁。中島にレフトへのタイムリーを浴びて5失点。三塁に向かった清水がアウトとなり、チェンジとなった。

 1回で49球を投げ、打者9人に6安打を浴びて5失点の炎上。緒方監督は2回のマウンドにドラフト2位ルーキーの島内を送り込んだ。(Full-Count編集部)