<写真・試合後、笑顔で撮影に応じる選手たち〉

 6月9日、関西学院大学総合体育館小フロアにて、第42回総合関関戦前哨戦が行われた。関学は関大を6勝1敗1分で下した。


<試合詳細〉

先鋒  中村(国2)●0ー3

次鋒  片岡(経3)△2-2

三鋒  児見山(商3)○5-3

四鋒  有内(経2)○5-0

五鋒  重山(人2)○4-2

六鋒  田所(社3)○6-0

副将  才之神(商2)○6-1

大将  橋本(社3)○6-0

試合後のコメント

山崎宗之主将(社4)「まず、きょうは勝利することができてうれしい。しかし、関大は主力選手がけがなどで、出場していなかった。それにも関わらず、失点を取られるなど、内容はあまり良くなかった印象。一人一人の技の完成度は高いが試合でうまく発揮できない。これから次戦に向けて、実戦を意識して練習していく。そしてミスを減らし、失点を無くしていきたい。秋の団体戦ではベスト4に入れるように練習をしていく」