主力が抜け、チームが大きく変わる今年度。藤原竜平主将(政経4=埼玉栄)を中心に個々のレベルアップが期待される。直前に迫った東日本学生選手権の事前インタビューをお届けする。

(この取材は5月26日に行われたものです)

藤原竜平主将(政経4=埼玉栄)]

――現在のチームの状態はいかがですか。

 「みんな稽古を一生懸命やっていて、各々力はついてきていると思います」

――チームの雰囲気はいかがですか。

 「雰囲気はいいと思います。あとはもう少し試合で勝てるような力をつければ、いいチームになると思います」

――昨年度からの戦力ダウンを感じられていますか。

 「稽古場、練習通りの相撲を取れれば、力が落ちることはないと思います。どうしても試合でまだ緊張して、力を出せない選手が多いです。そこをもっと練習して、自分に自信をつけられれば、昨年度に劣らない力はあると思います」

――主将になられて変化はありますか。

 「今まで声を掛けるタイプではなかったですけれど、しっかり見ていかないといけないなという自覚は出てきています」

――具体的にどういう声かけをしていますか。

 「基本的に自分ができるアドバイスをしています。あと自分のやってきて良かったと思った練習方法はやるようにしています」

――今年度になって変えられたことはありますか。

 「高校の時にやっていた練習方法を取り入れてやるようにしています。基礎運動は昨年度に比べて多いと思います」

――埼玉栄高校の練習はどのような練習ですか。

 「短期集中でやるのが埼玉栄でした。稽古の時間が長いと集中力が持たない人もいるので、短い時間で内容の濃い練習をできるようにということで、高校の時の練習を取り入れるようにしています」

――今年度の個人の目標を教えてください。

 「昨年度の天皇杯は補欠だったので、今年度は頑張りたいです(笑)」

――東インカレの戦い方を教えてください。

 「他の大学よりも人数が少ない分、みんなが声を出し合って、気合いで負けないように頑張ります」

――目標を教えてください。

 「もちろん目標は優勝ですけれど、せめてAクラス予選通過はしたいと思っています」

――最後に意気込みを教えてください。

 「チーム一丸となって優勝できるように頑張ります」

――ありがとうございました。

[東龍輝(政経4=文徳)]

――現在のチームの状態はいかがですか。

 「1年で2番目に大きい大会なので、試合に向けてモチベーションが上がっていると思います」

――上級生として何をされていますか。

 「後輩に分からないことがあれば積極的に指導しています」

――宇佐・宇和島の団体戦では全勝していましたが、個人的な調子はいかがですか。

 「春の大会は調子良かったです。ただ個人戦の方はあまり勝てていないので個人戦の方を頑張りたいです」

――藤原選手、東選手に続く人がいない中で、どのような事を考えていらっしゃいますか。

 「自分と藤原で点数を取って、後の3人で1点取りたいと考えています」

――理想の相撲の形を教えてください。

 「左前褌とって右差すのが自分の形なので、その形になるように頑張っています」

[大西健太、波木井里紗]

◎応援へ行こう!
 ◆6・9 第98回東日本学生選手権
 ≫会場アクセス
 ・両国国技館
 ――JR総武線「両国駅」西口より徒歩2分