TEAM
明 大
早 大
(早)●森田、山下、雪山、田中星―岩本
◇(二塁打)澤田

 4勝以上を優勝条件とする東京六大学春季フレッシュリーグ(春季フレッシュリーグ)。ここまで3勝の早大はこの日、優勝を賭けて明大との大一番に臨んだ。ところが試合は、序盤から先発・森田直哉(スポ2=早稲田佐賀)が失点を重ねる展開に。2回までに3点のリードを奪われた。その後1点差まで詰め寄ったものの、最終回にもう1点を奪われて万事休す。春季フレッシュリーグ3位で終戦した。

 初回、森田は先頭打者に出塁を許す。その後2死としたが、三塁に走者を背負うピンチに。ここで相手4番・中村奎太(1年)に左前適時打を浴び、先制を許してしまった。早い段階での失点、優勝を目指す早大は出だしでつまずくかたちとなった。そして2回にも1死二、三塁のピンチを招く。すると9番・北原野空(2年)への4球目、森田が投球動作に入った瞬間に三塁走者がスタートを切った。そして北原に貴重な追加点となるスクイズを投前に決められ、点差を2点に広げられた。この回にさらに追加点を許すなど、森田は満足のいく投球を披露することはできず。4回3失点でマウンドを降りた。


序盤に3失点を喫した森田

 すると5回、2番手・山下拓馬(法2=埼玉・早大本庄)が 、流れを変える投球を披露した。先頭打者を三振で抑えるなど、この試合初めて相手打線を三者凡退に封じる。そしてその裏、先頭の小西優喜(文構2=東京・早実)が左前打で出塁すると、一気に反撃ムードが漂った。しかしここで痛恨のミスを犯してしまう。小西が二盗を試みた際、途中出場の打者・中岡凛太郎(スポ2=東京・早実)が空振り三振に倒れる。その時、空を切ったバットで相手捕手の二塁送球を妨害してしまったのだ。このプレーで一気に2死走者なしとなり、好機がついえた。しかし反撃に出たい早大は6回。岩本久重(スポ2=大阪桐蔭)が直球をさばき、右前打を放つ。続く打者は左飛に倒れたものの、7番・澤田健太朗(文2=福井・高志)が左越え適時二塁打を放ち待望の得点を挙げた。また8回にも、1死一、三塁の好機で代打・福嶋壮(社2=東京・早実)から適時打が飛び出し、いよいよ1点差に迫る。しかし次打者が併殺に倒れ、あと一本を生み出すことができなかった。すると9回、さらに1点を失った早大は、それ以上巻き返すことがかなわず。そのまま試合は終了した。


代打で結果を残した福嶋(写真中央)

 「ミスした方が負ける」と杉浦啓斗新人監督補佐(文構3=東京・早実)。この日は勝負どころでのミスが尾を引き、相手を押し切る力が足りなかった。東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)で優勝した明大に賜杯を阻まれる結果となり悔しい幕切れだったが、この悔しさを夏へと結び付けることができるか。優勝を逃したヤング戦士の今後の戦いに注目だ。

(記事 大島悠希、写真 柴田侑佳、瀧上恵利)

コメント

杉浦啓斗新人監督補佐(文構3=東京・早実)

――きょうの試合を振り返って

いつも監督から「ミスした方が負ける」と言われていて。その通りになりましたね。最終回もヒットではあったんですけどミスしてしまって、追加点を取られたので。1点差で最終回の攻撃を迎えることができていたら、また違っていたのかなと思います。

――東京六大学春季フレッシュリーグをどのような大会だと位置付けておりますか

六大学の中で1、2年生の練習に一番時間を割いているのは早稲田だと思います。(東京六大学)リーグ戦期間でもメンバーが午前練だったら、フレッシュ組も午後に練習していますし。早稲田は新人戦に懸けていますね。

――今季全体を振り返って

勝った後にちょっとした油断が出てしまっていたかなと。慶応戦の後のきのうの法政戦のように、負けた次の試合だとみんな入りから集中していけるんですけど、きょうはちょっとそういうところに隙があったのかなと思いますね。

――新人チームを指揮する上で心掛けていることは

占部(晃太朗、教2=早稲田佐賀)とかはベンチでも声をすごく出して存在感があって、そういう選手に役割を与えてあげるというか。新人チームができた時に「声でチームを盛り上げてほしい」と伝えました。北里(海渡、人2=熊本学園大付)も代走での役割を事前に与えました。本人も打ちたい気持ちがあったと思うんですけど、専念してもらって。きのうの法政戦でも絶対にアウトになれない場面で走ってくれました。あとは試合に出られない、ベンチに入れない選手への声掛けも意識しています。服部(雅生、社2=東京・早実)も今回、リーグ戦のメンバーがフレッシュのベンチに入って漏れたので。「また、サマーリーグと秋があるからな」って言いました。外れた人への声掛けは結構意識しましたね。

――今後に向けた意気込みをお願いします

ここで落ち込んでいても仕方ないので、この春の負けがあったから、サマーリーグは勝てた、秋は優勝できたと言えるようにしたいです。

澤田健太朗(文2=福井・高志)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

立ち上がりがやっぱり悪かったですね…。きょう勝てば優勝ってことだったんですけど、簡単に流れを譲ってもらえるほど甘くなかったし、明大が強かったです。

――6回には適時二塁打を放ちました。手応えはいかがでしたか

ランナーが二塁にいたんですけど、自分としてはつなごうと思って右方向を意識していました。結果うまくいったので、できすぎじゃないかと思います。

――その適時打を含めて3打数2安打と好調でした

早慶戦から、自分がなかなか打てないことでチームに迷惑を掛けてしまっていたので、なんとかしたいと、とても思っていました。

――東京六大学春季フレッシュリーグを通して、課題は見つかりましたか

チームとして、勝ち進んでいこうとしていたとは思うんですけど、弱い部分を慶大や明大といった強いチームは見逃してくれないなと痛感しました。サマーリーグに向けて、自分たちはどうしていかなければならないのかを考えようと思います。

――サマーリーグに向けてはどのようなことを強化していきましょうか

きょうも細かいミスが響いて負けているので、つけ込まれてしまうようなミスをなくしていくことですね。

――では、サマーリーグ、そして秋季フレッシュトーナメントに向けての意気込みをお願いします

春は杉浦さん(啓斗新人監督補佐、文構3=東京・早実)に悔しい思いをさせてしまったので、秋は全部の試合で勝って、胴上げできるように頑張ります。

福嶋壮(社2=東京・早実)

――きょうの試合はどのような気持ちで臨みましたか

3月のキャンプの時から杉浦さん(啓斗新人監督補佐、文構3=東京・早実)と1、2年生のチームをつくってきたので、その集大成としていい結果で胴上げしたいという気持ちで入りました。

――きょうの試合を振り返っていかがですか

自分たちのいつもの勝ちパターンに持っていけなかったですね。

――代打で出場され、適時打を放たれました。振り返っていかがですか

自分は高校時代から代打でいろんな経験をさせてもらったので、杉浦さんからも春が始まる前から得点圏で起用すると言われていました。なので、自分の中でそういう準備ができていたのは良かったと思います。

――ご自身のアピールポイントはどこですか

今年の春は思ったような結果が出なかったのですが、チャンスの時のここぞの一本を注目してもらえたらと思います。

――秋への意気込みをお願いします

春は優勝を目前に敗れてしまったので、秋は他の大学に勝って杉浦さんを胴上げできるように頑張ります。

田中星流(スポ1=宮城・仙台育英)

――きょうの試合、どのような意気込みで臨みましたか

自分が出る場面はピンチの場面か勝利を確定させる場面と言われたので。序盤でなくて終盤に出番があると思ったので、投げる準備はできていました。

――9回無死一、二塁の場面で出番が回ってきた時の心境をお願いします

前回の法政戦も二塁にランナーを背負った場面で出番だったので。点数がギリギリだと緊張してしまうので、自分なりにしっかりと落ちついて、自分が全部打ち取る気持ちでマウンドに入ることができました。

――きょうの登板全体を振り返ってもらえますか

きょうは粘り強く、1軍で投げた経験をしっかりと出せました。他の1年生に示すという意味でも、自分が引っ張っていくことができました。

――きょうの投球で良かった点や悪かった点はありますか

しっかりと打者に向かっていけました。気持ちで負けなかったという点が良かったです。最後はボテボテの当たりで点数を取られてしまいましたが、野手と連係して投げられなかた部分が良くない点でした。

――経験という部分の話で、東京六大学春季リーグ戦を振り返ってもらえますか

春季リーグは3回投げさせていただいて、最後の早慶2回戦で登板して抑えられた経験は大きな経験となりました。でも、早法(3回)戦の無死満塁で代えられた悔しさは絶対に忘れられないです。これからの残り3年間、自分が投げる時はその思いを忘れずに絶対に自分が抑えてやるという気持ちで頑張りたいと思います。

――最後に、秋に向けての意気込みをお願いします

先輩と一緒に野球をできることに感謝して、秋は4年生の集大成でもあるのでチームに貢献して、最後は貢献をしたいと思います。