6月6日(木)東京六大学春季フレッシュリーグ法大戦 @明治神宮野球場


適時二塁打と適時三塁打を放つなど大活躍を見せた山本晃

フレッシュリーグ最終戦の相手は法大。優勝はなくなったものの、若き慶大ナインは気合十分で試合に臨んだ。初回から相手投手が四球を連発し、無安打のまま3点の先制をした。流れに乗った慶大はその後も得点を重ね、最終回には2点を挙げた。結果、7-1という大差をつけて勝利。これからに期待がふくらむ試合となった。

 123456789計

慶大3100100027
法大0100000001

慶大バッテリー:○森田晃、生井、丸谷-中澤、米倉

法大バッテリー:●益川、扇谷、小山、杉下、石田-後藤

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)      

1[5]上田寛太(商2・郡山)
2[9]橋本典之(環2・出雲)
3[3]綿引達也(商2・慶應)
4[D]萩尾匡也(環1・文徳)
HD関山正悟(総2・瑞陵)
H4青木大周(政1・慶應志木)
5[7]山本晃大(総1・浦和学院)
6[6]朝日晴人(環1・彦根東)
[2]中澤慎太郎(商2・法政二)
岩城真三郎(総2・光泉)
2米倉孝太郎(政2・鎌倉学園)
8[4]矢澤慶大(商2・慶應)
片岡宏斗(経2・鎌倉学園)
1丸谷浩太郎(総2・國學院久我山)
9[8]新美貫太(政2・慶應)
森田晃介(商2・慶應)
生井惇己(総1・慶應)
丸谷浩太郎(総2・國學院久我山)

初回は相手の失策から始まり、法大先発による4者連続四球や6番・朝日晴人(環1・彦根東)の犠飛により3点を先制し流れは完全に慶大に傾いた。対する慶大先発は昨年のリーグ戦先発経験もある森田晃介(商2・慶應)。安定したピッチングで初回から3者凡退に抑えた。2回裏では法大に得点を許してしまうが、4回表には新美貫太(政2・慶應)の三塁への好送球などもあり、依然として慶大リードのまま試合は折り返す。


初回に犠飛を放った朝日

続く5回表、先頭打者の萩尾匡也(環1・文徳)が中前打で出塁すると、続く山本晃大(総1・浦和学院)が右中間へ適時二塁打を放ち、1点を追加して点差を広げた。6回表は新美が四球を選び出塁するも併殺打に終わり、3番・橋本典之(環2・出雲)の左二塁打も後続が倒れ得点にはつながらず。


先発を務めた森田晃は6回1失点の好投を見せた

投げては森田晃が好投を続け6回1失点、7回裏からは生井惇己(総1・慶應)が登板し、140キロ超の直球で法大打線を圧倒した。最終回は、代打の青木大周(政1・慶應志木)が内野安打を放つと絶好調の山本晃が右越え適時三塁打、さらに代打で起用された岩城真三郎(総2・光泉)が中前適時打を放ち、この回ダメ押しの2点を追加した。その裏は今季のフレッシュリーグで好投を続けている丸谷浩太郎(総2・國學院久我山)が登板し、法大に逆転は許さなかった。


今季のフレッシュリーグは丸谷の好投が光った

優勝こそ逃したものの、1勝もできなかった咋春のフレッシュリーグから考えるとかなりの進歩が見られた。そして平日にも関わらず、客席では多くの3、4年生が見守っていた。得点が入るたびにベンチ、客席問わず喜ぶその姿はまさに、チーム一丸で戦っているのだと感じさせてくれた。フレッシュリーグ、リーグ戦ともに終了し、令和最初の春は幕を閉じた。どちらも優勝とはならなかったが実りの多いシーズンになったことだろう。夏を越えてさらに強くなった慶大野球部に会える日が楽しみだ。

(記事:左近美月 写真:小嶋華、小林歩)

◆打撃成績

   123456789

1[5]上田三失逃三振中安併殺打左安
2[7]橋本典四球右安一ゴロ左2四球
3[3]綿引四球一ゴロ中飛左飛一ゴロ
4[D]萩尾四球①遊飛中安
HR関山空三振
H4青木二安
5[7]山本晃四球①逃三振右中2①二ゴロ右3
6[6]朝日右犠飛①空三振四球一失逃三振
7[2]中澤遊ゴロ三邪飛中飛空三振
岩城中安
2米倉
8[4]矢澤三直左安併殺打空三振
片岡二ゴロ
1丸谷
9[8]新美四球三犠打四球遊ゴロ一邪飛

◆投手成績 

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責

森田晃6228135211
生井262401000
丸谷141512000

◆監督・選手コメント

宮田皓フレッシュリーグ監督(商4・慶應)

ーー今日の試合を振り返って

序盤相手のピッチャーが流れを作れない中でフォアボールを取って後半までしっかり攻めきってくれていい試合ができたと思います。

ーー前半からリードする展開でしたがチームの雰囲気は

こっちのペースで試合を進められたのでいい雰囲気でした。

ーー最終回は代打の起用も多く見られました

右ピッチャーというのもありましたし、2年生がここまでよく引っ張ってくれたので最後2年生に売って欲しいなという気持ちで出しました。

ーーフレッシュリーグ全体を振り返って

試合を重ねていくうちにいいチームになったなと思うのでここから秋1軍に上がって活躍してくれる選手が出ればいいなと思いますし、秋のフレッシュもしっかり勝てるようにやっていきたいなと思います。

ーー今後に向けての意気込み

1軍がまだ優勝できていないのでそこで優勝できるように、1軍2軍関係なく練習に取り組んで秋いい結果が残せるように頑張ります。

新美貫太(政2・慶應)

ーー今日の振り返って

初回の3点をはラッキーな形でいただけたのですが、そこから森田晃が相手打者とどれだけ戦えるかというところで、6回までしっかり投げてくれて生井、丸谷と頑張ってくれたので、今日はピッチャーが頑張ってくれたなと思います。

ーー三塁線へ上手く決めた犠打がありました

9番打者で自分のタイプ的にも、何本もヒットを打てるバッターではないので、四球やバントとかをしつこく練習でやってきた成果が出たと思います。

ーー三塁への好送球もありました

日頃の練習から、イメージしてやれと4年生の学生コーチの方にも言われていたので今日ああやっていいボールをなげられたので、感謝したいと思います。

ーーフレッシュリーグを通して得た成長は

個人のレベルアップもしたと思うんですけど、チームが束というかどういう野球をしたらよいのかを一人一人が感じて変わったと思います。

ーー主将として挑んだフレッシュリーグでした

去年の春のフレッシュリーグは1勝も出来なかったので、今の3年生からなんとか一勝ということを言われていて、東大戦で勝って、早大戦にも勝って、明治も良いところまでいって引き分けてと、立教の時にやばいなと思ったのですが、みんなにキャプテンだからしっかりしろとかではなくて、腹を割ってみんなに正直な気持ちを話していこうとしてからチームの調子が上がったので、少し変わってくれたら僕も貢献できたと思います。

ーー今後に向けて

フレッシュリーグが全てではなく、Aチームが優勝して、慶應が勝つというのが一番良い結果なので、Aチームに食い込んでやるという気持ちで頑張ります。

森田晃介(商2・慶應)

ーー今日の試合を振り返って

法制打線は一人一人はパワーがあると聞いていたので、とにかく丁寧に一人ずつ切っていこうかなと思って入りました。

ーーどのような気持ちで登板されましたか

今日勝てばフレッシュも1位になると聞いていたので全力でチームのために頑張ろうという気持ちでした。

ーーご自身のピッチングの調子は

調子はあまり良くなかったのですが、低めに、とにかく丁寧に集めようと思って、それはうまくいってよかったです。

ーーフレッシュリーグ全体を振り返って

僕は今日しか出場していないのですが、いいチームに仕上がっていると聞いていました。本当に雰囲気も良く、打線もみんなしっかり点を取ってくれたので投げやすかったです。

ーー今後に向けて意気込み

リーグ戦はベンチに入っていたのですが投げられなかったので、秋はリーグ戦で活躍できるように夏、力をつけて頑張りたいです。

山本晃大(環1・浦和学院)

ーー今日の試合を振り返って

やはりチームに入る時に、相手には甲子園経験者が沢山いて、自分たちにはいないけれども、チームとしてやってきたことを信じていこうと意思統一していったので、練習で詰めてきたことをしっかり出せたかなと思います。

ーー5回表には二塁打を放ちました

前の打席で狙っていた球で打ち取られ、同じ配球で来ると思っていましたし、そこに対して自分が反応できたので良かったと思います。

ーー9回表には三塁打を放ちました。打った瞬間は本塁打だと思いましたか?

いったかなと思いましたが、まだ自分が甘いんだぞと言われたような気がしました。リーグ戦でもまだヒットを打っていないので自分の実力が足りていないというのを実感したので、秋は自分が優勝に関われるようになることが大事だと思っています。春が終わって秋までの間でもう一回足りていないところを準備したいと思います。

ーーリーグ戦、フレッシューリーグ共に終わりました。今後に向けて

経験をさせてもらって早慶戦の雰囲気を味わいました。けれども悔しさの方が大きくて、東大戦と早大戦だけしかベンチに入れなかった事実があって、スタンドで先輩たちが活躍している姿とか同期が活躍していたのを見ていました。なので、ヒットを打てなかったのももちろんなのですが、悔しいというかまだまだ足りていないというのを実感した春のシーズンでした。自分がチームを優勝に導くことが大事だと思っているので、1年生なのですが、そこは謙虚じゃなくて、出していっていいところだと思います。秋に向けてしっかり準備して、フレッシュだけじゃなくて、リーグ戦優勝に関われるように準備したいと思います。