6月4日(火)東京六大学春季フレッシュリーグ明大戦 @明治神宮野球場

最終回2死満塁からのサヨナラ勝ちには至らなかった。

今日の相手はリーグ戦で優勝を許した明大。リーグ戦での借りを返したい慶大だったが1点をリードしていた5回表、2番手の松本遼太郎(商2・慶應志木)が押し出しの四球と満塁本塁打で5点を失い逆転される。追いつきたい慶大は7回、橋本典之(環2・出雲)の犠飛や若林将平(環2・履正社)の2点適時二塁打などで一挙4点を取り同点に追いつく。9回裏には2死満塁のチャンスを作るも代打・岩城真三郎(総2・光泉)が遊ゴロに倒れ、ゲームセット。引き分けという結果に終わった。

リーグ戦は終了したが今日も神宮球場は選手の熱気で溢れていた。今日は宮田皓フレッシュリーグ監督(商4・慶應)からの期待も大きい小菅真路(環2・市川)が神宮初登板初先発。毎回走者を許すものの粘り強い投球で4回までを1失点で抑える。小菅を援護したい打線は4回裏、この回先頭の2番・橋本典が右越二塁打を放ちチャンスを作ると、3番・綿引達也(商2・慶應)の右中間を割る適時三塁打で同点に追いつき、更に相手の暴投もあり逆転に成功する。

神宮初登板となった小菅

リードを守り抜きたい慶大は5回表、先頭打者に四球を与えた小菅から2番手・松本にスイッチするも、この早めの継投が裏目に出てしまう。松本は最初の打者を空振り三振で抑えるが、制球が安定せず1死満塁から押し出し四球を与えてしまう。なおも続く満塁のピンチで迎えた明大4番・上田にバックスクリーンへの満塁本塁打を打たれ、この回一挙5点を取られ2-6となってしまう。

なんとか追いつきたい慶大は7回裏、反撃に転ずる。先頭打者の7番・朝日晴人(環1・彦根東)が内野安打で出塁すると後続も続いて無死満塁のチャンスを作り、橋本典の犠飛などで2点を返す。その後2死一、三塁から4番・若林が右翼線へ2点適時二塁打を放ち同点に追いつくことに成功する。

同点打を放った若林

8回からは安定した投球を続けている丸谷浩太郎(総2・國學院久我山)が登板。ベンチの期待に応え8、9回を無安打3奪三振に抑える快投を見せた。

迎えた最終回、簡単に2死となるも橋本典が今日2本目となる二塁打を放ち、続く綿引、若林が二人とも四球で出塁し満塁となる。この一打サヨナラの場面で岩城が代打で起用される。大きな期待がかかるも1ストライクから打った打球は遊ゴロとなりゲームセット。6-6の引き分けに終わった。

三塁打を含む複数安打を記録した綿引

フレッシュリーグ優勝の条件は連盟の規定上4勝以上必要であるため、慶大のフレッシュリーグ優勝の可能性は消滅してしまった。しかし、今日4点差を追いつけたことはチームの成長に大きな影響をもたらすであろう。次戦の法大戦が今季最後の試合となるが、そこで有終の美を飾ってくれることを願う。

 

(記事:國本葉月 写真:小嶋華、小林歩)