■Libre Y Soberano by Matthew Bajda■

日本語で自由と独立を表す“Libre Y Soberano”はバハカリフォルニア(メキシコ)に由来します。
野生的で自然が溢れるバハカリフォルニアには、人が少ない土地がたくさん存在します。
町もないロングドライブ、そこにあるのは自然だけ。そんな地でマシューが長年に渡り撮りためた写真たちを展示いたします。初日6月7日(金)の18時から21時に開催されるオープニングレセプションはアーティスト本人の来場はもちろん、
ドリンク&タコスが振舞われる予定。

Date & Time : 2019年6月7日(金) – 2019年6月30日(日)11:00 – 20:00
※初日6月7日(金)18 – 21時にてどなたでもご参加いただけるオープニングレセプションを開催します

Location : RVCA SHIBUYA GALLERY (東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル2F)

【Matthew Bajda(マシュー・バイダ)】 
マシュー・バイダは、サンフランシスコ在住のアーティスト兼キュレーターです。近年、
ミクストメディア(一つ以上の媒体または素材を用いた美術工芸品)彫刻に携わっていますが、
主にドキュメンタリーやストリートの写真作品で知られています。ベルリン、東京、ロサンゼルス、
サンフランシスコ、デトロイト、ニューヨーク、マイアミなど世界中の都市で展示されています。
彼は旅と同じく古い車の運転にも多くの時間を費やしています。彼の写真は、彼が旅行中に出会った
人々の日常生活の一部や文化を映しています。