TEAM1P2P3P4P
早大
国士舘大14
▽得点者
百田5、塗師2、松本、土屋

きょうの国士舘大戦、「チームで1度も負けてない相手」(塗師葵、社2=東京・藤村女)だっただけに悔しい結果となった。前半、両者互角の戦いで点を取り合い早大が1点リード。しかし3ピリオド目に相手が5得点したのに対し早大はゼロ。逆転されてしまう。最終ピリオドで果敢にゴールを狙ったがなかなか得点に結びつかず、9―14で試合を終えた。

 出だしはいい流れだった。開始1分24秒、百田恵梨香(社4=埼玉・秀明英光)のループシュートで早大が先制すると、2点目も百田が決め2-0と好発進。その後は攻守が激しく入れ替わり互いに点を奪い合う。相手がバックシュートやカウンターで点を入れれば、こちらも土屋セナ(創理3=千葉・芝浦工大柏)のペナルティーシュートや塗師の得点で取り返す。1ピリオド目は4-4と同点で終えた。続く2ピリオド目、序盤上手くパスが回らない場面も見られたが、相手のミスで生まれたチャンスを逃さない。相手が退水(※)となっている間に百田が1点、また相手のパスミスからボールを奪い土屋、松本桃子(先理2=神奈川大付)とつなぎ7-6。1点リードの状態で前半を折り返す。


ディフェンスをかわし、パスを出そうとする菅野

 接戦になるかと思われたこの試合だったが、3ピリオド目で早大は大きく離されてしまう。「チャンスはあったが決めきれなかった」と塗師が振り返るよう、相手のパスをカットするなど攻撃につながる場面は見られたものの、シュートが打てなかったり枠外にずれてしまったりと得点には至らず。対する国士舘大は長い距離でのシュートを中心にしっかり得点を重ね、このピリオドで一挙5点を奪う。点差を埋めたい最終ピリオド。前のピリオド以上にシュート本数を稼ぐが、相手のディフェンスもあってか十分な体勢で打てず、多くを相手のゴールキーパーに阻止されてしまう。百田と塗師で2点を稼ぐも国士舘大も最後まで攻め続け3点を追加。勝ちきりたい試合であったが、9―14で痛い敗戦となった。


力強いシュートを放とうとする榎本

 競り合う展開から1点リード奪いこのまま勢いに乗れるかと思われただけに、後半の大量失点と失速が悔やまれるきょうの試合。国士舘大はペナルティーや退水者を多く出していたため、チャンスが無かった訳ではないのだろう。それを「自分たちのミス」と塗師は振り返った。来週はミスを最小限に抑えた戦いで東京女子体育大に挑む。

※重大なファウルを犯した選手は、20秒間ディフェンスに参加できない。

  

(記事、写真 飯塚茜)

コメント

  

塗師葵(社2=東京・藤村女)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

きょうはチームとしても個人としてもあまり良くなかったかなと思います。国士舘大には1度も負けたことがなくて絶対に勝たなければならない試合でした。前半は良い流れが来ていたんですけど、後半に大量失点をしてしまったのところが良くなかったです。

――第3ピリオドから点差をつけられてしまっていましたが、原因は

チャンスはあったんですけどシュートが決めきれず、逆に相手にチャンスをつくられてしまいました。自分たちのミスで失点してしまったという印象です。

――きのう武蔵優希選手(スポ3=埼玉・秀明英光)が、「攻撃時間ギリギリまで攻めずに守備に備える」とおっしゃっていましたが、きょうも同じだったのでしょうか

はい。基本的にあまりシュートを打たせたくなかったので同じ作戦で臨みました。

――国士舘大はバックシュートを打ってくることが多かったですが、そこへの対策はありましたか

まだバックの練習が詰められていなかったので、今後は平日でもっと練習したいです。日本代表の選手でバックの方がいらっしゃるので教えていただこうということになりました。

――来週の東京女子体育大戦へ意気込みをお願いします

パスミスなど自分たちのミスが多かったので、そこを丁寧にやって点を取るところは確実に取り頑張りたいです。