6月2日(日)東京六大学春季フレッシュリーグ早大戦 @明治神宮野球場

6回途中を2失点に抑え、勝ち投手となった小林

1勝1敗の五分で迎えた今日の相手は宿敵・早大。連勝し、優勝戦線に留まりたい慶大は初回に綿引達也(商2・慶應)の適時二塁打などで先制する。その裏同点に追いつかれたものの、慶大は直後に橋本典之(環2・出雲)の左前適時打で勝ち越しに成功する。投げては先発の小林綾(環1・松本深志)が2回以降早大打線を無失点に抑え、流れを引き寄せる。最終回、生井惇己(総1・慶應)が満塁のピンチを招き押し出し四球で1点差に詰め寄られるも、最後は丸谷浩太郎(総2・國學院久我山)が締め試合終了。慶大が接戦をものにし優勝へ望みをつないだ。

 

午前9時。昨日の熱戦の余韻が残る中、次世代の伝統の一戦を担う選手たちの戦いが始まった。初回から慶大攻撃陣が早大先発・長柄に襲い掛かる。2番・橋本典が右安打で出塁すると、3番・綿引の打席でエンドランを成功させ先制点を挙げる。その後相手のエラーなどでチャンスを広げ、5番・萩尾匡也(環1・文徳)の犠飛で追加点を挙げ、幸先良いスタートを切る。このまま流れに乗りたい慶大だったが、先発・小林がピリッとしない。先頭打者に四球を許すと2本の安打と内野ゴロの間に同点に追い付かれてしまう。

今日2打点の活躍を見せた萩尾

勝ち越したい慶大は2回表、7番・宮尾将(商1・慶應)が四球で出塁すると、二盗に成功しチャンスを広げる。後続が倒れ2死となるものの、ここで打席に立った橋本典が左前適時打を放ち勝ち越しに成功する。初回は不安定な投球だった小林も2回以降は野手陣の好プレーもあり、得点を与えない。

勝ち越しの適時打を放った橋本典

5回表にも追加点を挙げた慶大は試合を優位に進める。先発・小林が6回途中まで2失点に抑える好投を見せると、あとを継いだ生井も後続を断ち好リリーフを見せる。このまま慶大勝利かと思われた最終回、生井が突如乱れる。1死から死球で出塁を許すと、押し出しを含む3連続四球で1点差に詰め寄られてしまう。ここで宮田皓監督(商4・慶應)は丸谷へのスイッチを決断し、丸谷に全てを託す。2死満塁、一打出ればサヨナラの場面で迎えるは5番・澤田。2ボール2ストライクから投じられた5球目、澤田のバットが空を切り三振。早大の猛攻を凌ぎ、慶大が勝利をおさめる。

試合後、宮田監督は「今日のような試合を勝ち切れたことは大きい」と語った。今日の早大戦を制したことで、フレッシュリーグ優勝へ望みがつながったのはもちろんだが、僅差の試合をチーム一丸となって戦い勝利したことでチームが更なる成長を遂げたように感じさせてくれた。残り試合は勿論、今後の彼らの活躍から目が離せない。

(記事:小林由和 写真:菊地輝、小嶋華)