天候に翻弄され中止順延が続いたマン島TTレース。TT Zeroクラスは本来、現地5月29日からプラクティスの予定だったが中止が続き、6月2日に初めて走行できることになった。

2010年からマン島TTレースの新カテゴリーとして始まったゼロエミッション・マシンがレギュレーションのTT Zero。事実上の電動バイククラスであり、日本から今年もチーム無限とチームMIRAIの2チーム3台がエントリーしている。

2日のプラクティスもマウンテンエリアの霧が取れず、3度にわたり遅延となった。TT Zeroは予定から少し遅れて17時に出走開始となった。

まずスタートしたのはブルーネル大学チーム。続いてチーム無限のゼッケン1番マイケル・ルッター選手がコースイン。そのあとDuffy Motorsportの2台が出走。最後にバース大学チームが出走し、合計5台(エントリー9台)が予選を走った。

けがの影響で3年ぶりの参戦となった現役最多レーサー、チーム無限ゼッケン3番のジョン・マクギネス選手は、直前の別クラスの予選走行からギリギリのタイミングでパドックに戻ってきたが、タイムアウトで出走ができなかった。出走開始時刻と全体のロードオープン(道路閉鎖解除)の時間はアナウンスされていたものの、ゲートクローズは公式にアナウンスされていなかったため抗議したが通らず、貴重なデータが得られる走行機会を失った。

結局、完走したのはチーム無限とチームMIRAIの2台だけだった。

TT Zeroクラスの予選は、現地時間6月3日月曜日15時55分(日本時間23時55分)に追加が決まった。

TT Zeroクラス予選リザルト
順位/選手名/チーム名/ラップタイム/平均時速
1位:マイケル・ルッター チーム無限 19分19秒304 117.163マイル(187.46km)
2位:イアン・ロッカー チームMIRAI 23分44秒369 95.360マイル(152.58km)

車検の様子。通電停止など通常とは異なる部位もチェックがある(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

車検の様子。通電停止など通常とは異なる部位もチェックがある(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

ブルーネル大学チームの学生たち(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

ブルーネル大学チームの学生たち(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

学生らしい外装(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

学生らしい外装(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

出走直前までタイヤウォーマーをかけるチーム無限(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

出走直前までタイヤウォーマーをかけるチーム無限(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

チームMIRAIのイアン・ロッカー選手(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

チームMIRAIのイアン・ロッカー選手(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

Duffy Motorsportのマイク・ノーバリー選手(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

Duffy Motorsportのマイク・ノーバリー選手(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

Duffy Motorsportのショーン・アンダーソン選手(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

Duffy Motorsportのショーン・アンダーソン選手(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

バース大学のマシュー・リース選手(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

バース大学のマシュー・リース選手(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

出走できないと聞きライダーリエゾンのミルキー・クォイル氏と話し合うジョン・マクギネス選手(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

出走できないと聞きライダーリエゾンのミルキー・クォイル氏と話し合うジョン・マクギネス選手(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

完走後、チームMIRAIのマシンから煙が出たが大事には至らなかった(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》

完走後、チームMIRAIのマシンから煙が出たが大事には至らなかった(マン島TTレース2019)《撮影 小林ゆき》