写真:馬龍(中国)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・中国オープン 2019年5月28日~6月2日>

中国オープン最終日、男子シングルス決勝が行われた。張本智和(5月世界ランキング4位・木下グループ)を準決勝で倒した馬龍(同5位・中国)が、勢いそのままに林高遠(同2位・中国)をゲームカウント4-0で下し優勝を果たした。馬龍は昨年の同大会も優勝しており連覇となった。

日本男子は、張本がピッチフォード(同14位・イングランド)にリベンジを果たすなどしてベスト4まで勝ち進んだ。丹羽孝希(同12位・スヴェンソン)と水谷隼(同13位・木下グループ)は、ベスト8決定戦まで進出したが、丹羽は馬龍、水谷は許キン(同3位・中国)にそれぞれ敗れた。日本人世界ランキング上位3名ともが中国人選手に敗れ、中国の壁の厚さを再認識させられる結果となった。

中国オープン男子シングルス決勝

○馬龍(中国)4-0 林高遠(中国)
12-10/11-6/11-5/11-4

中国オープン男子シングルス最終結果

優勝:馬龍(中国)
準優勝:林高遠(中国)
3位:張本智和(木下グループ)、許キン(中国)

文:ラリーズ編集部