6月1日(土)東京六大学春季リーグ戦 早大1回戦 @明治神宮球場

待望のリーグ戦通算100安打が飛び出した柳町

すでに明大の優勝が決まった東京六大学野球春季リーグ戦。だが、慶大野球部には優勝の他にもう1つ重要な使命がある。それは、早慶戦勝利だ。それに向けて、エース・髙橋佑樹(環4・川越東)をマウンドに送った。6回2失点とQSを達成するも、終盤に髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)が勝ち越し本塁打を許し、悔しい敗戦を喫した。しかし、柳町達(商4・慶應)が7回に記念すべきリーグ戦通算100安打を達成し、球場は歓喜に包まれた。

 

令和初の華の早慶戦。2番にルーキー・下山悠介(商1・慶應)を起用し、不動のセンターだった渡部遼人(環2・桐光学園)を外すなど、大胆な選手起用で宿命のライバルとの一戦に臨んだ。

ルーキー・下山、起用に応え2安打の活躍を見せた

慶大の先発は、エース・髙橋佑樹。変化球を主体とした投球でスター揃いの早大打線を3回まで無安打無失点に抑える。それに呼応するように、打線は、その裏の攻撃で下山の遊撃への内野安打や、失策により、一、三塁のチャンスを作ると、前回の明大戦から復調の兆しを見せている4番・郡司裕也(環4・仙台育英)の犠飛で1点を先制する。

このまま慶大ペースで試合が進むと思われたが、4回に先頭打者・瀧澤に左安打を許し、1死一、三塁のピンチのところで、今季絶好調の加藤が登場。福岡の盗塁もあり二、三塁としたところで1ボール2ストライクと追い込むが、郡司が投手に返球している間、「僕も髙橋佑も油断していた」とバッテリーの意表を突く形で三塁走者・瀧澤にホームスチールを決められ、試合は振り出しに戻る。

髙橋佑は好投を見せていたがゆえに、4回の失点は痛かった。

その後、打線がパワーピッチング全開の早大・早川に抑えられるなど、重苦しい展開に。すると、6回に2ストライクと投手有利なカウントから、対慶大戦で抜群の相性を誇る福岡にソロ本塁打を許し、1点を勝ち越される。
 

反撃したい慶大は、7回に先頭打者・柳町が早川の甘い変化球を逆方向にはじき返し、打球が左翼手前に落ちる。これがリーグ戦通算100安打目となり、柳町は、一塁ベース上で喜びを爆発させ、三塁側は歓喜に包み込まれた。
 

「なかなか打てていなかったが、早慶戦で1本が出て、それが得点につながったというのは良かったと思う」と柳町はこの100安打目のヒットを振り返った。
 

その後、3番・中村健人(環4・中京大中京)の内野安打、4番・郡司の四球で1死満塁のチャンスを作ると、続く5番・正木智也(政2・慶應)の遊ゴロの間で1点を返し、同点に追いつく。このまま畳みかけたいところだったが、6番・嶋田翔(環3・樹徳)が見逃し三振に倒れ、逆転には至らなかった。
 

直後の8回、サヨナラ勝ちに向けて失点を許されない慶大は、髙橋亮を投入。持ち味のストレートを生かした投球で淡々と2アウトを取った後、1番・瀧澤にバックスクリーンに直撃する痛恨のソロ本塁打を打たれる。同点に追いつきたい慶大だったが、9回は早大の今西と徳山の前に三者凡退に終わり、ゲームセット。

 

今日の試合で忘れてはいけないのは慶大の天才バッター・柳町。第4打席で左安打を放ち、リーグ戦通算100安打を達成した。リーグ戦通算100安打以上を放った選手は、長い歴史がある東京六大学野球でも柳町を含めて、わずか33人しかいない。それほど立派な偉業を達成したのだ。そんな柳町だが、「やっぱり1敗しただけなので、連敗をしないように、明日明後日と勝って、早稲田から勝ち点を取りたいと思う」とあくまでチームの勝利を優先している。今後も、チームの勝利に貢献する安打を量産してくれるに違いない。

令和最初の早慶戦を落とした慶大。しかし、ホームスチール、追い込まれてからの勝ち越し本塁打など、僅かな隙を見逃さなかった早大を讃えるべきで、令和の時代でも宿命のライバルたるゆえんを見せつけられる格好となった。そんな偉大なライバル早大に対して、慶大は明日こそ、勝利という形で敬意を表したい。

 

(記事:萬代理人、写真:竹内大志)