6月1日(土)東京六大学春季リーグ戦 早大1回戦 @明治神宮球場


待望のリーグ戦通算100安打が飛び出した柳町

すでに明大の優勝が決まった東京六大学野球春季リーグ戦。だが、慶大野球部には優勝の他にもう1つ重要な使命がある。それは、早慶戦勝利だ。それに向けて、エース・髙橋佑樹(環4・川越東)をマウンドに送った。6回2失点とQSを達成するも、終盤に髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)が勝ち越し本塁打を許し、悔しい敗戦を喫した。しかし、柳町達(商4・慶應)が7回に記念すべきリーグ戦通算100安打を達成し、球場は歓喜に包まれた。

 123456789計

早大0001010103
慶大0010001002

慶大バッテリー:髙橋佑、津留﨑、●髙橋亮-郡司

早大バッテリー:早川、○今西、徳山-小藤

早大本塁打:福岡2号ソロ(6回)、瀧澤2号ソロ(8回)

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)

1[8]柳町達(商4・慶應)
2[5]下山悠介(商1・慶應)
3[9]中村健人(環4・中京大中京)
4[2]郡司裕也(環4・仙台育英)
5[ 7 ]正木智也(政2・慶應)
6[3]嶋田翔(環3・樹徳)
7[4]小原和樹(環4・盛岡三)
8[1]髙橋佑樹(環4・川越東)
H植田響介(総3・高松商)
1津留﨑大成(商4・慶應)
1髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)
9[6]瀬戸西純(政3・慶應)
H若林将平(環2・履正社)
6角谷隆之介(環3・湘南)

令和初の華の早慶戦。2番にルーキー・下山悠介(商1・慶應)を起用し、不動のセンターだった渡部遼人(環2・桐光学園)を外すなど、大胆な選手起用で宿命のライバルとの一戦に臨んだ。


ルーキー・下山、起用に応え2安打の活躍を見せた

慶大の先発は、エース・髙橋佑樹。変化球を主体とした投球でスター揃いの早大打線を3回まで無安打無失点に抑える。それに呼応するように、打線は、その裏の攻撃で下山の遊撃への内野安打や、失策により、一、三塁のチャンスを作ると、前回の明大戦から復調の兆しを見せている4番・郡司裕也(環4・仙台育英)の犠飛で1点を先制する。

このまま慶大ペースで試合が進むと思われたが、4回に先頭打者・瀧澤に左安打を許し、1死一、三塁のピンチのところで、今季絶好調の加藤が登場。福岡の盗塁もあり二、三塁としたところで1ボール2ストライクと追い込むが、郡司が投手に返球している間、「僕も髙橋佑も油断していた」とバッテリーの意表を突く形で三塁走者・瀧澤にホームスチールを決められ、試合は振り出しに戻る。

髙橋佑は好投を見せていたがゆえに、4回の失点は痛かった。

その後、打線がパワーピッチング全開の早大・早川に抑えられるなど、重苦しい展開に。すると、6回に2ストライクと投手有利なカウントから、対慶大戦で抜群の相性を誇る福岡にソロ本塁打を許し、1点を勝ち越される。

反撃したい慶大は、7回に先頭打者・柳町が早川の甘い変化球を逆方向にはじき返し、打球が左翼手前に落ちる。これがリーグ戦通算100安打目となり、柳町は、一塁ベース上で喜びを爆発させ、三塁側は歓喜に包み込まれた。

「なかなか打てていなかったが、早慶戦で1本が出て、それが得点につながったというのは良かったと思う」と柳町はこの100安打目のヒットを振り返った。

その後、3番・中村健人(環4・中京大中京)の内野安打、4番・郡司の四球で1死満塁のチャンスを作ると、続く5番・正木智也(政2・慶應)の遊ゴロの間で1点を返し、同点に追いつく。このまま畳みかけたいところだったが、6番・嶋田翔(環3・樹徳)が見逃し三振に倒れ、逆転には至らなかった。

直後の8回、サヨナラ勝ちに向けて失点を許されない慶大は、髙橋亮を投入。持ち味のストレートを生かした投球で淡々と2アウトを取った後、1番・瀧澤に痛恨のソロ本塁打を打たれる。同点に追いつきたい慶大だったが、9回は早大の今西と徳山の前に三者凡退に終わり、ゲームセット。

今日の試合で忘れてはいけないのは慶大の天才バッター・柳町。第4打席で左安打を放ち、リーグ戦通算100安打を達成した。リーグ戦通算100安打以上を放った選手は、長い歴史がある東京六大学野球でも柳町を含めて、わずか33人しかいない。それほど立派な偉業を達成したのだ。そんな柳町だが、「やっぱり1敗しただけなので、連敗をしないように、明日明後日と勝って、早稲田から勝ち点を取りたいと思う」とあくまでチームの勝利を優先している。今後も、チームの勝利に貢献する安打を量産してくれるに違いない。

令和最初の早慶戦を落とした慶大。しかし、ホームスチール、追い込まれてからの勝ち越し本塁打など、僅かな隙を見逃さなかった早大を讃えるべきで、令和の時代でも宿命のライバルたるゆえんを見せつけられる格好となった。そんな偉大なライバル早大に対して、慶大は明日こそ、勝利という形で敬意を表したい。

(記事:萬代理人、写真:竹内大志)

◆打撃成績

   123456789

1[8] 柳町二ゴロ左飛中飛左安二ゴロ
2[5]下山逃三振遊安二安投犠打一ゴロ
3[9]中村四球遊失一犠打遊安逃三振
4[2]郡司三失中犠飛①右飛四球
5[7]正木四球逃三振遊ゴロ遊ゴロ①
6[3]嶋田右飛左2空三振逃三振
7[4]小原中飛右飛四球空三振
8[1]髙橋佑空三振空三振
植田響空三振
1津留﨑
1髙橋亮空三振
9[6]瀬戸西中安左飛二ゴロ
若林三ゴロ
6角谷

◆投手成績 

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責

髙橋佑6228931122
津留﨑131100000
●髙橋亮2103232211

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

──今日の試合を振り返って

ここを目標にやってきて、早大に連勝みたいなところでやってきたけど、簡単には勝たせてもらえなかったです。

──柳町選手がリーグ戦通算100安打を達成しました

もっと早めに決めてほしかったですが、達成して良かったと思います。

──明日に向けての意気込み

もう勝つしかなくて、ずるずる4連敗でシーズンを終えるんだったら、チームに成長はないと思います。なんとか月曜日まで行けるようにしたいです。

郡司裕也主将(環4・仙台育英)

──今日の試合を振り返って

ホームスチールにしろホームラン2本にしろ、防げる失点だったので悔いが残る試合でした。

──先発の高橋佑投手は

調子は良かったんですけど、防げた失点は反省かなと思います。

──どういった配球を意識しましたか

早稲田のデータが頭に入っていたので、試合前に思い描いていた通りにほとんど配球できたんですけど、打たれたところはしょうがなかったかなと思います。

──1点目のホームスチールは

僕も髙橋佑も油断していましたし、全体として油断していたので、そこは反省しないといけないなと思います。

──早大打線はどうでしたか

どこからでも点が取れる打線ですし、一発がある打線なので気は抜けない印象です。

──先制の犠飛がありました

なんとか最低でも外野フライと思って打席に立っていたので良かったと思います。

──明日に向けて

明日明後日勝つしかないのでたくさん来てくれるファンの皆様のためにも絶対勝ちたいと思います。

 柳町達(商4・慶應)

──今日の試合を振り返って

早慶戦はお互い負けないように強い気持ちを持って行っているので、そう簡単には勝つことができない中で大事なところで打てなくて打たれたという感じですね

──リーグ戦通算100安打が達成しました

なかなか打てていなかったのですが、早慶戦で1本安打が出て、それが得点につながったというのは良かったと思います。

──ベンチにいたチームメイトも喜んでいました。何を感じましたか

自分のことのように喜んでくれたというのは本当に良いチームだなという風に思います

──打撃の調子は上向きということですか

明大戦終わってからしっかり見直してきたので、調子自体は今も上がってきていると思います

──1点差の最終回、相手が今西投手という場面でどのような思いで打席に立ちましたか

ストライクゾーンに来た球をしっかり振っていこいと強く思って打席に立ちました。

──明日以降に向けて意気込み

やっぱり1敗しただけなので、連敗をしないように、明日明後日と勝って、早稲田から勝ち点を取りたいと思います 。

髙橋佑樹(環4・川越東)

──今日の試合を振り返って

もったいなかったなと思います。

──早大打線をどのように抑えようと意識しましたか

自分の中でいろいろ対策はしてきました。

──ホームスチールをされた場面を振り返って

ただのミスですね。

──福岡選手にホームランを打たれてしまいました

あの球が一番良くなくて悔いの残る球で、追い込んでから甘いところにいってはいけないなと思いました。

──明日、明後日に向けて

早慶戦勝ち点を取るしかないので、明日明後日隙のない野球をしていけたらと思います。

嶋田翔(環3・樹徳)

──今日の試合を振り返って

すごく悔しいです。それだけですね。

──早川選手の印象は

まあ、早川投手がまっすぐ来るなというところに合わせるだけだったので。自分としてはよかったのですがその後がダメだったので、反省ですね。

──3回には二塁打もありました

初回に1点取れれば、というところで打てなかったのは自分の力不足ですしピッチャーの方が一枚上手だったのかなと思います。しかし、今日負けても明日負けなければいいのでしっかり準備します。

──早慶戦の雰囲気は

優勝が懸かっていない早慶戦でもこんなにお客さんが入ってくれていますし、伝統のある試合なので勝てなかったことが悔しいです。

──明日に向けて

2つ負けなければいいので。まずは明日勝って、明日から二連勝したいと思います。

正木智也(政2・慶應)

──今日の試合を振り返って

早稲田に連勝するという目標でずっとやってきたので今日の敗戦は本当に痛くて、みんな悔しいと思うのですが、明日に切り替えてここから2連勝するつもりでやっていきたいと思います。

──今日に向けてどんな準備をされましたか

スタメンで出させていただくことがわかっていて5番ということでチャンスで回って来ることが多いと予想はできていました。そこでどう打てるか自分なりに準備はしてきたつもりだったのですが、チャンスで1本出せなくて本当に悔しいです。

──7回の得点シーンを振り返って

打席に入る前に監督から「代打で出たつもりで行け」と言われて、そこで集中して入って自分のスイングをするということを心がけて入ったのですが、少しボール気味の球を振ってしまってちょっと中途半端な形になってしまったので、明日同じ場面がきたらもっと強いスイングを入れて1本出せるようにもう一度準備したいと思います。

──9回には好守もありました

1点差で負けていてもう1点取られたら厳しいという状況の中で打球が飛んできて、ランナーが遅れていたのが見えていたので絶対に刺してやるという気持ちでランナーをさすという練習はずっと外野陣全員で意識して練習してきたのでその練習の成果をこの試合で出せたことは良かったなと思います。

──最後に明日に向けて一言お願いします

今日負けてしまったのですがすぐに切り替えて明日は勝てるようにチーム全員で準備して、チーム全員でむかってチーム全員で勝てるように頑張りたいと思います。

下山悠介(商1・慶應)

──今の率直なお気持ちは

初戦を落としてしまいましたが、早稲田に勝つという目標はずっとあります。4年生のサポートメンバーの方も一生懸命支えてくれて、たくさん練習できていたので、メンバーに入れていない方も含めて全員で明日明後日連勝して勝ち点4で終わりたいという気持ちです。

──「出ていないメンバーのために」という気持ちが大きかった

部員が多くいるなかで、メンバーに入れるのは25人。4年生だけに関わらず、多くの部員がたくさん応援してくれているので、託されているという気持ちでメンバーはやることをしっかりやりたいです。

──2安打、1犠打の活躍でした

打席の感じでは変化球に泳いでいてあまり良いスイングはできていなかったんですけど、追い込まれてから食らいつくところや、バントに関しては良かったと思います。できることはしっかりできていると思います。

──現在の打撃の調子は

崩されてもしっかりバットに当てることはできているので、調子自体は悪くないと思いますが、今日でしたら初回の三振であったり、最終回のファーストゴロであったり、あのような所で自分が打てるようになりたいです。

──明日に向けて意気込みをお願いします

優勝はないのですけど、早慶戦に勝つというのは格別で早稲田に勝つことに意味があるので、明日は全力で 早稲田を倒しにいきたいと思います。