1回戦を5階級中4勝し、満を持して迎えた3部トーナメント準決勝。2連敗したものの立花拳斗(文1=出雲工)の不戦勝、入澤心太(商2=崇徳)の勝利で2部昇格へ何とか希望をつないだ。

◆5・19~7・13  第54回関東大学3部トーナメント戦(駒大玉川キャンパス他) 

▼6・1 準決勝(東農大世田谷キャンパス)

▽フライ級

〇立花  不戦勝

▽バンタム級

 笹谷(3回・判定)山口(大東大) 

▽ライト級

 小島(3回・判定)姜(朝鮮大)

▽ウェルター級

〇入澤(1回・RSC)可児(東海大)

 痛恨の2連敗になった。トーナメント1回戦を快勝して迎えた準決勝。1番手のフライ級の立花は不戦勝になり、迎えた2番手のバンタム級の笹谷建公主将(文4=弘前工)は2ラウンドの途中で負傷。「1ラウンド目は相手に取られていたので、事実上相手に判定で普通に負けた」(笹谷)と敗北を喫した。3番手にはライト級の小島大河(法3=新潟南)が登場。階級を下げてきた相手に苦しい戦いを強いられ、悔しくも判定負けとなった。

 2部昇格へ後がない状況だ。2連敗と絶望的な状況で迎えた4番手の入澤。序盤から押されていたが「打ったところに相手がいた」(入澤)と渾身の右ストレートでRSC(レフリーストップコンテスト)。「自分が勝たないと望みが残せないということを彼は知ってたから、頑張った」(星野隆監督)と、監督も納得の勝利だった。立花の不戦勝と合わせて2勝目をあげ、2部に返り咲くために望みをつなげた。

 これにより7月13日の決勝戦で二人が勝利し、大東大の2敗が2部復活への道である入れ替え戦への最低条件に。3部優勝、2部昇格に向けて崖っぷちの状態だ。

[菊池登志紀]

試合後のコメント

星野監督

――今日の試合を振り返って感想をお願いします。

「主将が負けてしまって、優勝の可能性が少し薄まってしまいました。残念なのは、うちは大東大と直で対決がないことです。大東大が2勝してしまったら優勝はできないです。もう優勝は他力ですね」

――相手は強かったですか。

「強かったです。あとはライト級の小島が、ライトウェルターの選手が下げてきて明大を潰しにかかってきて、結局はライト級が負けてしまったということです」

笹谷

――試合を振り返って感想をお願いします。

「結果としては良くなかったです。自分が勝ってたらもっと楽な状況にできたと考えると悔しいです」

――次の試合について。

「不戦勝で勝った橘と入澤が決勝戦で優勝して、大東大が2人負けてくれれば、入れ替え戦があり、チャンスがあります。後輩に頼ってしまう形で本当に情けないのですが、主将として試合が無くてもサポートできるように、チーム全体で2部に戻るんだという目標をしっかり持って練習に励みたいです」