令和初の早慶戦を制した早大。連携の取れたプレーが光った。前半、NO・8丸尾崇真(文構3=東京・早実)のパスダミーからのトライやFB河瀬諒介(スポ2=大阪・東海大仰星)のゲインからSH河村謙尚(社2=大阪・常翔学園)による得点など、昨季から出場機会が多かった選手中心となってが活躍。また、チーム全体として連携もよく得意の『展開ラグビー』でトライを重ねる。19-0のリードで折り返したものの、修正力と持ち前の強力なスクラムでの攻撃を発揮した相手にペースを奪われかける。細かいミスが目立ち、ディフェンスの甘さを相手に突かれて得点を奪われしまう。だがWTB梅津友喜(スポ4=岩手・黒沢尻北)とSO岸岡智樹(教4=大阪・東海大仰星)の連携プレーやCTB長田智希(スポ2=大阪・東海大仰星)の俊敏なステップで点数を奪い返し、36-12で試合終了。流通経大戦に続く快勝ではあったものの、ディフェンスの甘さや反則の多さなどが課題として残った。


丸尾が独走し、トライを挙げた

次戦の対戦相手である大東大は、昨年全国大学選手権(大学選手権)ベスト8というかたちでシーズンを終えた。今季の大東大チームスローガンは『One Team』。FWの入れ替えを経て、加入したメンバーの経験不足をいかに補うかを課題としている。走り込みの練習を多く取り入れ、スピード面を磨く。『走り勝つ』を目標として、NO・8佐々木剛主将(大東大)を中心として追求してきた精度の高いプレーも、壁となって早大の前に立ちはだかる。また、現在大東大は帝京大、東海大と対戦し、関東大学春季大会(春季大会)2連敗を喫している。それだけにモスグリーンジャージーの大東大は貪欲に勝利を追い求めに来るだろう。


ラック周辺でのディフェンスでの活躍が期待されるフランカー大崎哲徳(文構2=東京・国学院久我山)

 今季の早大のチームスローガンは『For One』である。ラック周辺でのディフェンスとセットプレーの強化、規律を守るなどの課題を1試合ごとに消化しようと努めてきた。CTB中野将伍(スポ4=福岡・東筑)が大東大戦に向け、「規律とディフェンスの部分を修正すればアタックにもつながって点数も伸びる」と話すように、修正力が試される試合となるだろう。また、流経大戦、慶大戦で見られた磨きがかかった展開力は早大の強みであり、大東大戦でも連携の取れた展開が期待できる。精度を追求してきた大東大に対して、プレーの粗さを反省点として挙げることの多い早大。対戦を通して、現在の早大ラグビーのプレーの質が明確となるかもしれない。

 春シーズンは両校ともに、個々の力を上げるために、チーム作りを進めている。特に早大の相良南海夫監督(平4卒=東京・早大学院)は各試合でテーマを掲げ、選手は日々鍛錬を重ねてきた。与えられた課題をチーム一丸となって達成できるだろうか。やるべきことに注力して取り組めるか、期待の1戦である。

(記事 馬塲貴子 写真 千葉洋介、安岡菜月)

   

 
     

    

早大出場予定メンバー
背番号名前学部学年出身校
久保 優スポ3福岡・筑紫
森島 大智教4東京・早実
小林 賢太スポ2東福岡
星谷 俊輔スポ3東京・国学院久我山
三浦 駿平スポ4秋田中央
大崎 哲徳文構2東京・国学院久我山
柴田 徹社4神奈川・桐蔭学園
丸尾 崇真文構3東京・早実
河村 謙尚社2大阪・常翔学園
10中西 亮太朗商2東京・早実
11加藤 皓己創理4北海道・函館ラサール
12中野 将伍スポ4福岡・東筑
13長田 智希スポ2大阪・東海大仰星
14河瀬 諒介スポ2大阪・東海大仰星
15南 徹哉文3福岡・修猷館
リザーブ
16木下 隆介文構3東京・本郷
17中野 幸英文構4東京・本郷
18土田 彬洋スポ3茨城・茗溪学園
19増原 龍之介教4広島・崇徳
20沖野 玄商4北海道・函館ラサール
21藤浪 魁基理4東京・本郷
22吉村 紘スポ1東福岡
23安部 勇佑スポ3東京・国学院久我山
※監督は相良南海夫(平4政経卒=東京・早大学院)
関東大学春季大会Aグループ星取表
帝京大早大慶大東海大大東大流経大
帝京大6/16 13:00帝京大G◯42-20●26-31◯60-7◯50-19
早大6/16 13:00帝京大G◯36-12●36-406/2 13:00熊谷◯51-24
慶大●20ー42●12ー366/16 13:00東海大G6/9 13:00慶大G●12-38
東海大◯31ー26◯40-366/16 13:00東海大G◯33-296/9 13:00東海大G
大東大●7-606/2 13:00熊谷6/9 13:00慶大G●29-336/16 13:00大東大G
流経大●19-50●24-51◯38-126/9 13:00東海大G6/16 13:00大東大G

※熊谷は埼玉・熊谷ラグビー場、帝京大Gは東京・帝京大学百草園グラウンド、山梨・中銀スタは山梨県小瀬スポーツ公園、慶大Gは神奈川・慶大日吉グラウンド、早大Gは早大上井草グラウンド、長野Uは南長野運動公園総合球技場、東海大Gは神奈川・東海大湘南グラウンド、大東大Gは埼玉・大東大東松山グラウンド、茨城・流経大Gは龍ヶ崎グラウンド

 ■順位決定方法
①順位の決定に当たり、勝ち点制を採用し、全試合終了時点で、勝ち点の多い順に順位決定を行う。
②勝ち5点、負け0点、引き分け2点とする。
③またボーナス点として、以下の勝ち点を与える。
 1)勝敗に関係なく、4トライ以上獲得したチームに、勝ち点1を追加
 2)負けても7点差以内ならば、勝ち点1を追加
④全試合終了時点で勝ち点が同じ場合、次の各号により順位を決定する。
 但し、3チーム以上が並び、各号において2チームが並んだ場合は、並んだ2チームについてそれぞれ次号により決定する。
 1)全試合の得失点差の多いチーム
 2)全試合でのトライ数が多いチーム
 3)全試合でのコンバージョンゴール数の多いチーム
 4)当該チームでの抽選