新人戦まであと1日と迫った。今年度の1、2年生は5人のみと苦しい試合が予想されるが「気力で勝負」(大和千夏・文2=埼玉栄)と気合は十分。本特集ではそんな下剋上に燃える5人の意気込みを2回にわたってお届けする

 2回目ににお届けするのは西来実(理工2=鵬学園)、大和千夏(文2=埼玉栄)の2年生対談。2年生は2人しかいないが、その分絆は深くて固い。今大会のチームの柱である2人に、普段の様子と新人戦に向けての抱負を語ってもらった。(この取材は5月15日に行われたものです)

――お互いの第1印象を教えて下さい。

西「大きいなって思いました(笑)」

大和「今もすごい方言で話すんですけど、方言が強いから最初は性格きついのかなって思いました」

――現在の印象はいかがですか。

大和「真逆(笑)。とにかく優しいです。私が言ったことを反論する前に全部受け入れてくれて、アドバイスとかしてくれます」

西「普段は結構緩い感じです。でもバスケになったら変わります。キル(大和)もめっちゃ優しいところがあって、私は1人暮らしなんですけど、風邪を引いたときにお見舞いに来てくれました」

大和「お見舞いって言っても買い物とか行かないかなって思ったので、普通にスーパーとかで買ってって感じです」

――お互いはどんなプレーヤーですか。

西「キルは中も外もできる。今はセンタープレーをやっているけど、3Pシュートも入るしリバウンドも結構取るよね」

大和「ライ(西)はすごい大事なときにシュートを決めてくれます。シューターなので3Pシュートとかもそうですけど、空いたらドライブに行ってファールをもらってきてくれます」

――得意なプレーはなんですか。

西「シュートですね。合わせの3Pシュートとかを狙うようにしています」

大和「私なんだろう得意なプレー」

西「オールマイティーだよね」

大和「一定のポジションをずっとやっていたわけではないので、オールマイティーっていう感じですね」

――コートネームの由来を教えて下さい。

西「出た(笑)。私はドライブの〝ライ〟」

大和「私は勝負を決めるの〝キル〟。KILLの方をよく言われるんですけど、私はそれあまり好きじゃない。〝決める〟の方の〝キル〟です」

――オフの日は何をしますか

西「結構泊まりに来ますね。泊まってタコパとか」

大和「『夜ご飯何にする?』『たこ焼き食べたくない?』っていう流れで。それでライの家にたこ焼き器があるので」

西「好きなんですよ!1人暮らしでも必需品です」

――2人での面白いエピソードはありますか。

大和「2人でディズニーに行く予定だった時に、ボールを持って帰らないといけなくて、コインロッカーを探していたら奇跡的に東京駅にね」

西「ちょうど1個だけあって」

大和「全然面白くなかったね(笑)」

西「でもそれ置けなかったらディズニーにボール持って行っていたよね」

大和「そうそう!ボール持って入っていたね」

――今年の1年生についていかがですか。

西「3人入ってきてくれたことが大きいです。新人戦出られるし」

大和「感謝ですね。あと、いい意味で上下関係がないって感じだよね。気付いたことがあったら言ってくれる」

西「打ち解けやすかったのかね」

大和「でもなめられてはいないよね」

西「大丈夫大丈夫(笑)」

――特に注目している1年生は誰ですか。

大和「私はマイ(佐藤美怜・文1=安城学園)かな」

西「そうだね」

大和「高校の時もよく練習試合をしていたんですけど、ずっと同学年かと思っていました。結構ドライブやドリブルワークが上手なので、積極的に仕掛けてくれると思います」

――新人戦のチームについていかがですか。

西「40分持つかが心配です。交代がいないから」

大和「私は1年生の頃はずっとケガで試合に出られなくて。この前のトーナメントでは少し出ただけなので、新人戦が復帰戦みたいなものなんですよ」

西「これがデビュー戦だね」

大和「そうそう。大学デビュー戦みたいな。それで40分はすごくきつい。気力と勝負だよね」

――新人戦に向けての意気込みをお願いします。

西「誰か1人が戦うのではなくて全員で戦い切るのが目標です」

大和「被ってるじゃん(笑)。とりあえず5人で戦うのではなく、みんなで勝ちにいくっていうのを目標にして頑張りたいです」

――ありがとうございました。

[大橋未来]

 ♥西来実(にし・くるみ) 理工2、鵬学園高、163センチ、登録ポジションはG(ガード)。漫画が大好き。特にONE PIECEがお気に入り。

 ♥大和千夏(やまと・ちなつ) 文2、埼玉栄高、175センチ、登録ポジションはF(フォワード)。カラオケではback numberをよく歌う。