<写真・試合後に握手を交わす選手たち>

   5月31日、千刈カンツリー倶楽部にて、第42回総合関関戦前哨戦が行われた。

  全5組の結果の合計で勝敗が決まる今大会。1組目の酒井(人4)、辻本(商4)ペアは3ホールを残し4ストローク差で勝利。2組目の岩井(総4)、上村(理4)は惜しくも敗戦。3戦目の門田(経4)、前川(法4)ペアも3ホールを残し4ストローク差で勝利。4組目中村け(法4)、中村い(人4)ペアは1ストローク差で勝利した。最終組の小嶋(理3)、藤山(経3)ペアは3ホールを残し、5ストローク差で勝利。この結果により、4ー1で関学の勝利となり、関関戦12連覇を達成した。

  次戦は6月3日、宝塚ゴルフ倶楽部にて関西学生女子春季1部校学校対抗戦が行われる。

本日の試合結果

酒井・辻本 4and3〇

岩井・上村 2and1×

門田・前川 4and3〇

中村け・中村い 1up〇

小嶋・藤山 5and3〇

試合後のコメント

前川大雅主将「自分たち幹部にとって最後の関関戦。12連勝を果たすことができてよかった。幹部同士でペアを組み、またホームコースの千刈で勝てたことが1番嬉しかった。一緒に戦った選手、キャディ、ギャラリーに感謝したい。6月末に行われる全国大会の目標はベスト8。ミーティングを重ねてチームの雰囲気をいい方向に高めながら、レベルの高い全日本に備えていきたい」