◆令和元年度東京六大学準硬式野球春季リーグ戦◆

5月19日 対慶大 早大東伏見グラウンド

春リーグ最終戦の相手は慶大。1回戦では延長戦の末、立大が勝利をおさめた。東大戦以来の2連勝を果たしたい立大。2回表に慶大に先制されるも続く3回裏に1点を取り返し、その後も熱戦を繰り広げた。互いに点を許し9回を終え4-4の同点となり、2日連続の延長戦となった。さよなら勝ちを決めたのはまたもや立大であった。11回裏に1点を奪い、5-4で勝利をおさめた。

この試合をもって立大は六大学春季リーグ戦で4位という結果になった。慶大戦2連勝は満足しているものの、4位という結果に主将上原は「悔しい。」と試合後振り返った。

1-2で迎えた6回裏。この日4番の浅井(コ3)が一塁へ出塁した。続く高岡(済4)の初球で浅井が2塁への盗塁を成功させた。相手チームを威圧させ、高岡はフォアボールとなり、立大のペースをつかんだ。主将上原(法4)がバントを成功させ、それぞれが塁を進め、1アウト2、3塁。続くバッターは立大の守護神キャッチャー坂井(観2)。再びフォアボールで1アウト満塁となり、絶好のチャンスが訪れた。次のバッターは大戸(コ2)。初球を打った。センター前への犠牲フライを打ち、浅井がホームへ帰り、2-2の同点に追いついた。再びフォアボールで2アウト満塁。ここで回ってきたのはこの日2安打と調子のよい高橋(異4)。期待通りにライトへヒットを放った。高岡、坂井もホームベースを踏み、あっという間に立大が追い越した。4-2で6回を終えた。

しかし、立大のピンチはすぐに訪れた。8回表、序盤から3連続フォアボールを許し、ノーアウト満塁の局面。ここでピッチャーは関東選手権で早大を撃破した大森(済2)・坂井バッテリーへと変わった。しかしこのバッテリーをしても、ノーアウト満塁を無失点で仕留めることはできず、2点を取り返され、4-4の同点となった。
9回は互いに得点を奪うことができず、二試合連続で延長戦へもつれ込んだ。命運を分けたのは11回裏、立大の攻撃の時であった。大戸が相手のエラーにより一塁へ出塁した。1アウト1塁。高橋がフライで仕留められ、続くバッターは佐々木(社3)。打った。1塁でセーフかアウトか瀬戸際のボール。皆が一塁への送球を見守った。慶大が一塁への送球で暴投し、一塁にいた大戸が三塁へとまわり、2アウト1、3塁となった。


サヨナラ勝ちを決め、喜ぶ選手たち

突然立大ベンチから歓声が沸いた。暴投したボールがネットに引っかかり、試合を継続できないためにそれぞれが塁を進めて良いというルールで3塁にいた大戸がホームへ帰ってきた。5-4。慶大の暴投により立大がさよなら勝ちを決めた瞬間だった。
(5月23日 中村 このみ)
◇コメント◇
上原選手
4位という結果はどう受け止めていますか?
―悔しいですね。自分が一年生、三年生の時は2位で清瀬杯行って、やっぱり春に1位か2位っていうのはあったので。まあ正直言って主力のずっとでてらっしゃった方が去年の先輩だったので、メンバーがどうしても劣ってしまうのは分かっていたことなんですけど、練習もしっかりしてきたし、自信はあったんですけどリーグ戦はやはり経験がものをいうかなって思いました。悔しいですね。