写真:前田美優(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

ミルクフェドとTリーグがコラボ商品の開発をスタートした。ミルクフェドは20代〜30代の女性から支持を得るカジュアルブランド。今週都内で行われた商品企画会議には、Tリーグ女子初代王者の日本生命レッドエルフから前田美優(22)が出席した。

前田美優がコラボグッズをプロデュース

同ブランド商品をプライベートでも愛用するという前田は、デザイナーから提案された複数のグッズ案に対し「女子は細く見せたいのでTシャツは少しタイトめなものを着たいし、ウエストのラインも欲しい。靴下は短めのものが好まれる」など20代女性代表としての一面を覗かせる。一方で「卓球選手は(荷物が多いので)コンパクトなショルダーバッグは使わない。リュックやトートなどがいいし、できればポケットは沢山欲しい」とアスリートならではの意見も述べ、卓球とのコラボが初となる関係者を感心させた。







写真:前田美優(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

「個人的には星の模様が好き」と前田がコメントするとデザイナーがその場で商品デザインに反映するなど、テンポよく会議は進んだ。Tシャツ、ハーフパンツ、靴下、キーホルダーなど約10種類の商品に対しコメントを終えた前田は「ミルクフェドは普段から好きで、バッグも使っていますし、お店にも行きます。好きなブランドの企画に携われて本当に嬉しかった。特にTシャツは可愛かったですし、タオルは商品化されたら練習の時にも使いたいですね。ジュニアの子たちにも使って欲しい」と会議を終えた感想を述べた。

「自分へのご褒美」

普段はアスリートとしての活動が多く「月に3〜4回しか私服は着ない」という前田だがファッションへの思い入れは強い。「可愛い系もオーバーサイズのストリート系も着ます。ネットでも実店舗でも服を見るのが好きで、ネットショップで買っておいて、試合後に帰宅したら商品が届いていることもあります。ショッピングは自分へのご褒美ですね」とはにかむ。




写真:MILKFED×Tリーグ会議風景/撮影:ラリーズ編集部

商品開発を担当する(株)ビーズインターナショナル第二営業部マネージャーの水上利衣奈さんは「ミルクフェドと卓球のコラボを機に『こんな服を着たい』というきっかけで卓球に興味を持ってもらえると嬉しいです。『可愛いから卓球』というきっかけを増やせればと思う」と卓球のイメージアップに一役買う商品企画に意欲を見せた。




写真:前田美優(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

ミルクフェドとTリーグのコラボ商品の販売開始はTリーグ第2シーズン開幕直前の8月下旬頃を予定しているという。

文:ラリーズ編集部