<写真・ストレート勝ちでダブルス本戦2回戦に進出した明河・北本組>

 5月29日、大阪府靭テニスセンターにおいて、2019年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。3日目は、女子ダブルス本戦1回戦に6組、女子シングルスインカレ予選選考に3名が出場した。女子ダブルス本戦では、越智(教4)・小柳(商2)組がスーパータイブレークを制して2回戦に進出。明河(経3)・北本(人2)組はストレート勝ちで初戦を突破した。また、女子シングルスインカレ予選選考では、岩井(商3)と小林(経2)が1回戦に勝利した。

    次戦はあす、同会場にて女子シングルス3回戦、女子シングルスインカレ予選選考、女子ダブルス2回戦が行われる。

女子ダブルス本戦1回戦

吉田(国3)・石川(教2)0-2(4-6、4-6)

越智・小柳  2-1(2-6、6-4、10-7)

明河・北本  2-0(6-3、7-5)

廣川(商2)・福居(人1)0-2(3-6、2-6)

酒井(商1)・岩井(商3)0-2(1-6、4-6)

高本(商4)・大和(経3)0-2(2-6、2-6)

女子シングルスインカレ予選選考1回戦

北本  1-2(4-1、1-4、5-10)

岩井  2-0(4-2、4-0)

小林  2-1(4-2、2-4、10-3)

試合後のコメント

越智優果主将「ダブルスでは、初戦で勝ったペアが少なく、満足のいく結果とはならなかった。ただ、単複ともに残っている選手はいる。優勝を狙える選手ばかりなので、勝ち上がってほしい。また、インカレ予選選考はショートセットなので、出だしに気を付けながら勝てるように頑張ってほしい。あすは全員勝ち上がれるよう、暑さに負けずやっていきたい」