<写真・約4時間の激闘を制した明河>

 5月27日、大阪府靭テニスセンターにおいて、2019年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。2日目は、女子シングルス2回戦に6名が出場。明河(経3)、吉田(国3)、石川(教2)の3名が3回戦へと駒を進めた。明河はフルセットまでもつれ込む接戦に。足の痛みに耐えながら、懸命にボールを返し、ポイントをもぎ取った。吉田は前日に続き、余裕のストレート勝ち。石川は、大和(経3)との同士討ちを逆転勝利で制し、3回戦へ進出した。また、本日予定されていた女子シングルスインカレ予選選考は、運営側の判断で、あすに順延となった。

    次戦はあす、同会場にて女子シングルスインカレ予選選考、女子ダブルス本戦1回戦が行われる。

    

女子シングルス本戦2回戦

吉田  2-0(6-0、6-2)

明河  2-1(6-1、6(5)-7、7-5)

高本(商4)  1-2(6-3、2-6、6(2)-7)

小柳(商2)0-2(3-6、2-6)

大和  1-2(6-2、4-6、4-6)石川

女子シングルスインカレ予選選考

北本(人2)順延(4-1、1-3)

試合後のコメント

高本愛里副将「明河、吉田がリーグ戦で当たる相手を倒してくれて、いい流れをつくってくれた。ベスト16に関学勢をもっと残したかったが、自分自身も勝てず、残りが3人になってしまった。個人戦で勝ち上がる選手をもっと増やしたい。あすはシングルスのインカレ予選選考、ダブルス1回戦が行われるので、1人でも、1組でも多く勝ち上がれるよう全員で頑張ります」