『CARトップ』7月号
発行:交通タイムス社
定価:390円(本体361円+税)

『CARトップ』7月号の巻頭スクープは「マツダの逆襲」。5月9日に発表された「中期経営方針」の中で、「Largeアーキテクチャ」プラットフォーム戦略の存在が明らかにされた。このアーキテクチャは縦置き、つまりFRレイアウト、もしくはFRベースの4WDだ。

ではLargeアーキテクチャを用いるのはどの車種か、というのが記事だ。またなぜ、マツダはこの時期にFRレイアウトを刷新するのか、の考察も興味深い。走行性能もひとつの要因だが、大きな理由はデザインだという。FFレイアウトではマツダの理想に対して限界があるのだそうだ。

気になる見出し……●令和初の実走テスト3連発●電費テスト 本当に使えるEVはこれだ!●トヨタのラストサムライ トヨタGRスープラ●令和時代の新本格ファミリーカー MAZDA3●こりゃ大エースだ トヨタ新型ハイエース●パジェロ慕情

現行CX-5。時期型はFRベースの4WD?(写真 マツダ)

現行CX-5。時期型はFRベースの4WD?(写真 マツダ)

『CARトップ』7月号

『CARトップ』7月号