法政大学 2 - 3 明治大学
勝:竹田 敗:三浦
本塁打:法大・宇草4号(7回)

接戦を制した明大が全校から勝ち点を獲得し、完全優勝を達成した。


序盤は緊迫の投手戦に。

明大先発・竹田(②履正社)と法大先発・三浦(②福岡大大濠)は共に3回まで無失点に抑え、好調な立ち上がりを見せる。

均衡が崩れたのは4回裏。

この回先頭の明大3番・長南(①八戸学院光星)が四球で出塁すると、5番・喜多(④広陵)と6番・松下(③九州学院)に連続タイムリー2ベースが飛び出し明大が2点を先制。さらに8番・西野(④浦和学院)のスクイズで1点を追加しこの回3点を奪う。

明大・竹田は出塁は許すものの得点を許さず5回を無失点に抑える好投で後続にマウンドを託す。

法大も反撃する。

7回表、6回からマウンドにあがった明大・伊勢(④九州学院)から代打・野尻(①木更津総合)がリーグ戦初ヒットを放ち出塁すると、1番・宇草(④常総学院)が今季第4号となる2ランホームランを放ち、1点差まで詰め寄る。

しかし、法大の反撃もここまで。

8回9回を明大・入江(③作新学院)がきっちりと締め、明大が3対2で接戦を制した。