<写真・2回戦進出を決めた大和>

 5月26日、大阪府靭テニスセンターにおいて、2019年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。女子シングルス1回戦に9名が出場。大和(経3)、明河(経3)、小柳(商2)がフルセットまでもつれ込んだ接戦を制すなど、6名が2回戦へと駒を進めた。また、エースの吉田(国3)が1ゲームしか落とさない圧巻のストレート勝ち。堂々たる勝利で会場を沸かせた。

    次戦はあす、同会場にて女子シングルス2回戦、女子シングルスインカレ予選選考が行われる。

女子シングルス本戦1回戦

大和  2-1(5-7、6-0、6-2)

小柳  2-1(3-6、6-2、6-1)

北本(人2)  0-2(1-6、1-6)

吉田  2-0(6-1、6-0)

石川(教2)2-0(7-5、6-2)小林(経2)

明河  2-1(7-5、6(4)-7、6-4}

高本(商4)2-0(6-3、6-4)

岩井(商3)0-2(4-6、2-6)

試合後のコメント

越智優果主将(教4)「競った試合で勝ち切れた選手が多く、勝負強さを感じた。みんな、初戦が大事だという共通認識があり、インカレ予選が懸かっていたこともあって、全員が全力で臨めていたと思う。あすも同士討ちが1つある。先輩後輩対決なので、後輩の子は、思い切りプレーをして先輩に挑戦してほしい。厳しい戦いになるが、暑さに負けず、体調にも気をつけながら、全員で勝ち上がりたい」