東京都予選
早 大
東京富士大2X
●伊藤―川崎
◇(二塁打)なし ◇(三塁打)なし ◇(本塁打)なし

 1-2で迎えた最終回。1アウト二、三塁の大チャンスでバッターボックスに立ったのはこの日当たっていた9番打者。2ボールからの3球目を振り抜くと、前進守備の二遊間を抜けて同点のランナーに続き、サヨナラのランナーもホームイン!打ったバッターはベンチからの手洗い祝福に大興奮で、予選(全日本総合選手権東京都予選)優勝まであと1勝と迫った!・・・残念ながらこれは早大ではなく、対戦相手・東京富士大の結末の様子である。あと1イニング抑えればというところで待ち受けていた悲劇。早大は勝利を目前までたぐり寄せながら、またしても準決勝の壁の厚さを思い知る結果となってしまった。

 先発・伊藤貴世美(スポ3=千葉経大附)は初回を無失点に抑えて迎えた2回。先頭打者に右越えの二塁打を浴び、四球や味方のエラーも絡んで満塁のピンチを迎える。すると、続く9番打者の打席中に捕手・川崎楽舞(スポ4=千葉・木更津総合)がまさかのパスボール。思わぬ形で先制を許すが、その後は何とか後続を断って最少失点でしのぐ。だが打線が振るわない。3回には下位打線から1死一、三塁の好機を作るも、前試合では大いに機能した神樹里乃(スポ4=北海道・とわの森三愛)、小野寺詩織(スポ3=千葉経大附)の1,2番コンビが続けず。さらに4回も1死から廣瀬夏季(北海道・とわの森三愛)が右翼手の失策で二進したのち、岡田夏希(社4=神奈川・厚木商)が中前打でつなぐも本塁を狙った廣瀬がタッチアウト。攻撃面であと一歩かみ合わず、終盤まで歯がゆい試合展開が続いた。


堀の一打が決勝点となるはずだった

 

 そんな中、ついにその歯車がかみ合う。0-1で迎えた6回表、1死から3番・川崎がしぶとく一、二塁間を破って出塁。すると4番・廣瀬も左前打で続いて終盤にして一、二塁の絶好のチャンスを築き上げ、主将・増子奈保(スポ4=東京・日出)をバッターボックスに迎えた。「ここで打たなければずるずる0行進が続いてしまう」と強い意識のもと相手投手の速球を振り抜いた打球は左翼手の頭上を越え、二塁走者の川崎がホームへ生還。一塁走者の廣瀬はまたしてもタッチアウトとなってしまうものの、値千金の同点打となった。その後も岡田のセンター返しでチャンスを拡大すると、7番・堀奈々美(スポ3=千葉経大附)がレフト前に落としてついに勝ち越しに成功。じつに5連打で2点を奪取し、逆転を果たした早大。その裏の守りも伊藤が無失点に抑え、あと1イニング抑えれば勝利…というところでの受け入れがたい幕切れとなってしまった。


ここからが正念場となる戦いだ

 同じリーグ戦を戦う東女体大から金星をあげ、勢いづいていた東京富士大を結果的に止めることができず、今大会では3年連続での準決勝敗退での3位フィニッシュとなった。「ミスの多い試合だった」と増子が振り返るように、決め手に欠ける試合運びであと1点取っていればと悔やまれる結果でこの大会を終えることとなった。次の大会である7月5日からの東日本までは、まだ1か月以上の時間が残されている。しかし、チームの核ともいえる4年生が本格化する就職活動のために十分に練習に参加することができず、全員がそろってソフトボールと向き合う時間は必然的に限られてしまう。そのような中で「一人ひとりが高い意識をもって本番までの期間を過ごさなければならない」と増子は個々人の底上げの重要性を強調した。ここまでの課題に選手一人ひとりがどう向き合い、7月5日を迎えてくれるのか。女子ソフト部の今後から目を離すことはできない。

(記事、写真 篠田雄大)

※記事掲載が大幅に遅れてしまい大変申し訳ございませんでした


コメント

増子奈保(スポ4=東京・日出)

――今日の試合を振り返ってください

自分たちのミスが多かった試合だと思います。大きな走塁ミスも2回ほどあったり、バッティングに関しても捉えられるはずの球を打ち損じてしまったりと、色々な場面でのミスが響いた試合になってしまいました。また、点を取った時以外のベンチの雰囲気が盛り上がりに欠ける部分があったのも良くなかったと思います。

――今大会を振り返っていかがですか

この試合に関しては一応投手戦だったので、勝ちに行くつもりで試合に臨んでいました。ただ、1戦目と比べると格段に対戦相手のレベルが上がっていたこともあり、上手くは言い表せないですが、チームとして試合の入り方が勝てている時のように出来なかった部分がありました。

――一時は同点となる適時打を放ちましたが、それに関してはどうお考えですか

5番を任せてもらえて、あの打席ではしっかりとクリーンアップの役割を果たすことができてよかったと思っています。もしあの場面で点を取れなければ、そのままずるずると0行進が続いていたと思うので、そういう意味でも大きな一打だったと思っています。また私にチャンスで回してくれた前の打順を打つ選手たちにも感謝したいです。

――リーグ戦で白星をあげていた富士大戦でしたが、今日はやりづらさなどはありましたか

東京富士大が相手だからやりづらかったというのはあまりなかったですが、試合展開が接戦であったこともあって、そういった部分でのやりづらさはありました。

――7月からの東日本選手権への意気込みをお願いします

4年生が自分たちの進路決めに関する活動が活発化してきてなかなか全員で集まって練習する機会が少なくなってしまいます。だから今までとは違った過ごし方になってしまうと思うのですが、そのような時だからこそ一人一人が高い意識を持って、本番までの期間を過ごしていかなければならないと感じています。