立教大学 4 - 2 東京大学
勝:比屋根 敗:小林大
本塁打:東大・大音1号(5回)


東大が一時逆転するも、立大が終盤に突き放し勝ち点を獲得

東大は序盤にチャンスを迎える。
2回裏、東大は先頭の武隈(③鶴丸)がヒットで出ると四球と死球で1死満塁のチャンスを広げる。
ここで小林大(④横浜翠嵐)がスクイズを試みるも、立大バッテリーが上手く外して本塁タッチアウト。
さらに塁間に挟まれたランナーをタッチアウトで、東大はチャンスを生かすことが出来ない。

先制したのは立大。
8番竹葉(③龍谷大平安)が内野安打で出ると、1番・宮﨑仁(①大阪桐蔭)がレフト線を破る2ベースで1死2塁3塁とチャンスを広げる。
続く小野大(④横浜)がライト前へのタイムリーヒットを放ち、立大が連打で先制する。

しかし東大も反撃。
4回裏、東大4番・辻居(④栄光学園)がレフト前へのヒットで出塁し、犠打で2塁へ。
続く岡(③小倉)が上手く合わせた打球がセカンドの頭上を越え、ライト前へ。 セカンドランナーが帰り、東大が同点に追い付く。

さらに東大は5回裏、一気に試合をひっくり返す。
この回先頭の東大8番・大音(②湘南)がレフトスタンドへのソロホームランを放ち、東大が逆転に成功。
立大はリードを許す形となる。

しかし立大もすぐさま追い付く。
6回表、1死1塁3塁とチャンスを広げると代打で冨永(③桐蔭学園)がバッターボックスへ。
フルカウントから上手くバットを合わせた打球はレフト前へ。
3塁ランナーが帰り、立大が同点に追い付く。

同点のまま8回表、立大が1死1塁2塁とチャンスを作ると代打で田中大(②東農大二)。
ライト前へのヒットを放つと、2塁ランナーが生還。 土壇場で立大が再び勝ち越しに成功する。

9回表にも相手のエラーで1点を追加し、このまま立大が勝利。
接戦を制した立大が勝ち点を獲得し、最終戦を締めくくった。