<写真・大将を務めた中塚〉

   5月25日、久留米アリーナにて第64回西日本学生剣道大会、第34回西日本女子学生剣道大会1日目が行われた。

   女子はシードのため2回戦からの出場。西南学院大と対戦し、2勝0敗3分で相手に1勝も許さず勝利。明日に行われる3回戦出場を決めた。男子は1回戦で環太平洋大と対戦。0勝1敗5分で大将の中塚(社4)が勝利し、勝負の行方は代表戦へ。再び中塚が健闘するも及ばず。無念の1回戦敗退となった。

  次戦はあす、同会場にて同大会2日目行われる。

本日の試合結果

・女子1回戦 対西南学院大

大西(教2)引き分け

植田(教2)1本勝ち

松本(人3)1本勝ち

岡崎(社3)引き分け

浅見(人4)引き分け

・男子1回戦 対環太平洋大

秋山(教2)引き分け

繁田(社2)引き分け

吉野(経3)引き分け

松井(文4)引き分け

上野(文3)1本負け

富松(法4)引き分け

中塚 1本勝ち

代表戦  1本負け

試合後のコメント

富松智郎主将「結果的には負けてしまったが、内容的には押していて優勢だったと思う。敗因は当たっていても、1本取れなかったこと。練習試合を増やして試合でも練習通り動けるようにしていきたい。課題を克服して全関西では優勝したい」