たくさんの学生スケーターたちで溢れた本大会。2日間をかけて早大からも個性豊かな選手たちが出場し、各々の輝きを見せた。

 東真子(法3=埼玉・早大本庄)は1日目に行われた女子2級に出場。選手でありなら、スケート部フィギュア部門の主務や、日本学生氷上競技連盟(学連)のフィギュア委員長としても精力的に活動している。この日は「東洋の菅原生成くんに作ってもらった」というプログラムを用意してリンクに登場した。「Jumpin’ Jack」の音楽が流れると、軽快な振り付けで滑り始めた。観客の手拍子に背中を押され、冒頭でサルコーとループの連続ジャンプを見事着氷。続く2つ目、難しいルッツジャンプも成功させ、表情豊かに演技を進めた。その後のジャンプ等でミスが続く場面もあったが、しっかりと最後まで滑り抜いて「ちゃんと最後まで1曲滑り切らないとなっていうのが頭の中にあった」と笑った。元々スケートを始めるつもりはなく、大好きだというこの競技のサポートに携わりたかったという東。しかし今では、秋の東日本学生選手権(東インカレ)出場を目標に掲げ、選手としても着実に歩みを進めている。「滑りつつ運営もしつつっていうのが他の選手と違って私にしかない何かかなって思う」と語る表情は明るい。


曲調を捉えて明るく演技する東

 続く4級には今年度主将の安藤美裕(教4=東京・早実)が登場。曲は最後の年だからこそ、と選んだ大好きなメリーポピンズ。映画の中で実際にメリーポピンズが着用しているドレスをオマージュした赤色の衣装で、「ちょっと跳ねる感じの可愛さが出れば」と明るい表情で舞った。冒頭のシングルアクセルーシングルアクセルのシークエンスジャンプは「怖さがあった」という言葉とは裏腹に軽やかに成功。中盤のダブルトーループこそ転倒してしまったがその他のジャンプは状態の良さを感じさせる質で決めた。技として無効の判定を受けないようにと練習を重ねてきたスピンやコレオシークエンスでも点数を獲得。目標の日本学生選手権(インカレ)出場に向けて良いスタートを切った。


堂々たる演技で6位入賞を果たした安藤

 2日目には、今大会出場者が最多の女子6級の試合が行われた。シンクロナイズドスケーティング(シンクロ)で活躍する佐々木風珠(政経2=東京・早実)が、今回はシングルの演技を披露した。曲は、映画「twilight」。作成中だという衣装は前年のものを使用したが、佐藤操先生振り付けの新プログラムだ。重厚感のある音楽に合わせて、キレのある動きで演技を開始した。「振り付けしていただくときに結構細かい表情まで教えていただいて」と細部までこだわった鋭い視線で曲を体現する。前半のジャンプが両足着氷になるなどやや詰まる部分があったが、雰囲気を切らさずに演じた。プログラム中盤、シットスピンを終えると曲調が変わった。柔らかくて感動的な音を、手脚を長く使ったステップシークエンスで表現する。シングルアクセルーダブルトーループーシングルトーループの3連続ジャンプにも、流れの中で美しく成功。表情も優しげに、リンクいっぱいに広がるイーグルで観客を惹きつけた。演技の最後はスピンで華やかに締め、「ジャンプはもちろん、今よりスケーティングとかスピンも全部レベルを取りこぼさないように頑張っていきます」と、インカレ出場を見据えて力強く語った。


豊かな表現力を見せる佐々木

次なる目標の東インカレ、そしてその先に待ち受けるインカレ。目指す舞台に向かって、ことしも選手たちの挑戦が続いていく。

(記事 青柳香穂、犬飼朋花、写真 犬飼朋花、林夏帆)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません

結果

▽女子2級


東真子 15位 9.95点


▽女子4級


安藤美裕 6位 37.07点


▽女子6級


佐々木風珠 26位 49.43点


▽女子団体第2部


6位 96点


▽女子団体第1部


7位 177点


▽男子団体第1部


5位 16点


コメント

東真子(法3=埼玉・早大本庄)

――演技を振り返っていかがですか

あまり覚えていなくて。初めて2分の尺でこの曲を人前で滑ったんですけど、すごい曲も楽しくて振り付けも同じチームの東洋の菅原生成くんに作ってもらって、すごい素敵なプログラムを作ってもらったのに、なんかすごく申し訳なかったなって感じです。

――元々あったプログラムということですか

2ヶ月くらい前に私大戦という第一回の記念大会があって、その時に2分半のプログラムを持っていなくて今滑っている「Jumpin’ Jack」の曲で振り付けまで作ってもらったんですけど、それがすごい私も気に入ったし周りも「もっと滑り込んだらいいんじゃない?」って感じで話してくれたので、自分の級に合った2分の尺に戻して使ってるという感じです。

――衣装はどうされましたか

同じチームで2個上の学習院の平山瑛子さんにお借りしました。いま衣装を作っている最中で、次披露するときは新しい衣装だと思います。

――6分間練習中に転倒がありましたが大丈夫でしたでしょうか

全然大丈夫です。スピン失敗して両ひざを思いっきり打っちゃってアザができてしまったんですけど、転んで怪我するのはいつものことなので大丈夫です。

――会場の応援はどう受け取られましたか

いつも私の演技のレベルには見合わないぐらいの大きい声援を学生からも観客席からももらえて、なかなか緊張していて周りを見る余裕はないんですけど、いつも応援してもらってるのを後でビデオで見たりとか、顔は見られなくても声の大きさとかでわかるので、ありがたい環境にいさせてもらっているなと感じています。

――目標にしていることはありますか

位インカレ予選になる東インカレに出るために3級を取らなければいけなくて。去年の夏くらいからテストを受けだして頑張っているんですけど、フリースケーティングのテストにどうしても受かれなくて、受け始めてから10ヶ月くらい経っていてもう5、6回落ちてるので、今年はそれに秋よりも前に受かって東インカレに出たいです。

――最後まで滑りきろうという思いをとても感じましたが

一般の人が思うフィギュアスケートとは全然レベルの違う世界のフィギュアスケートをやってるので、ちゃんと最後まで1曲滑り切らないとなっていうのが頭の中にあったんですけど、本当に滑っただけで何もできていないです。もっとできるところあったなと思います。最後のポーズもちゃんと取りなさいって先生にも言われたので、もうそのとき全然気持ち残ってなかったんですけど、やれることはまだあったのになという感じです。

――主務や学連の活動が忙しい中、選手としても頑張っていらっしゃいますが

最初は逆に自分がスケートを滑るつもりは全然なくて。フィギュアスケートを見るのが元々好きで、裏方として選手支えられたらいいなって感じで大学入ってすぐ学連に入って、ことし1年フィギュアの委員長をやることになりました。私は滑るよりも、運営とかに携わっている形の方があってるんだろうなって思うことはすごくあります。でも滑っていて楽しいし、こんな私のスケートでもいつも応援してくれる人がいるっていうのはちゃんとわかってるし、滑りつつ運営もしつつっていうのが他の選手と違って私にしかない何かかなって思うので、両方頑張らなきゃいけないっていうのはすごく感じているところです。いつも忙しくて試合の時とか練られてないから調整するの大変だよねとかはみんな言ってくれるんですけど、でもやっぱり誰かがやらなきゃいけないことなので。まあそれを苦痛じゃないと思えているのは事実なので、難しいかもしれないですけど、やれていて充実感あるなと感じています。

安藤美裕主将(教4=東京・早実)

――今日の演技振り返っていかがでしたか

このプログラムを滑るのは今回2回目になるんですけど、前回よりは滑り込めてきたかなという感じがします。ただまだまだ甘い部分というかそういう課題の残った演技になったのかなと思います。

――今日はジャンプで1つだけ転倒がありました

自分の中でも調子が良い方で、5分間練習でも失敗はしてなくてどちらかというと最初のアクセルの方が怖かったんですけど、気づいたら転んでたという感じです。ただ回ってはいたので悪い失敗ではないんですけど、最近足を引くのが遅くなっていてそれが出てしまった。

――この曲を選んだのはどうしてですか

もともとメリーポピンズの作品が好きだったのと、ゆったりした曲をずっと選んでいたので最後4年生だし自分のやっていない曲、やったことないことに挑戦してみたいなと思って明るい曲と自分がメリーポピンズが好きだったのがリターンズという新しい映画をやったので、そのときに曲探しをちょうどしていてサウンドトラックを聞いたらプログラムを作れるかもしれないということで先生に相談してこの曲にしました。

――どういうイメージで滑りたいですか

ちゃんと映画も見に行って、本当は厳格な人のイメージがあると思うんですが、楽しくキラキラした感じが伝わればいいなと。今まではお淑やかに穏やかにやってきたのでちょっと跳ねる感じの可愛い、もう4年になったので可愛さなんてないですけど(笑)、可愛さが出ればいいなと思って滑っています

――今1番練習していることはなんですか

私はジャンプにすごく波があるので、ジャンプというよりはスピン、スパイラルといったところでキックアウトをしてしまわないように、できることを確実にやるっていうことと、技として取ってもらえるようにということを重視しています。あとはなるべく転ばないということですかね。転んでしまうとー5の大きい減点がついてしまうので、なるべく転ばない演技ができればいいなと思います。

――今年の目標はなんですか

去年行けなかったインカレに今年はどうしても4年生として最後行きたいなというのが大きな目標です。

佐々木風珠(政経2=東京・早実)

――本日の演技を振り返っていかがですか

ジャンプが6分間練習の時はわりかし回転が足りて降りたので行けるかなと思っていたんですけど、 (本番の)ジャンプちょっと怖くて足着いちゃったので、回転足りないのが次直せたらいいなって思いました。

――練習の時に苦戦していたジャンプはありますか

前回ダブルアクセルが不安定だったんですけど、最近ここ1週間くらいは回転はちょっと足りてなかったですが調子よくなっていたので、できなかったものはいつもよりはなかった、という感じです。

――曲調が途中で変わったと思いますが表現の面で意識していることは

振付師の方に、振り付けしていただくときに結構細かい表情まで教えていただいて、そのときから気をつけています。目とか、手の位置だったりとか。顔の前に手をおいたとき、全部顔を隠すんじゃなくて目だけは指の間に入れるとか、そういう細かい部分を教わったので、それを注意していました。

――振り付けはどなたですか

佐藤操先生という東神奈川のリンクの方です。

――シングルでの試合でしたが、シンクロの試合と調整に違いはあリますか

シングルは本当に自分のコンディションが第一だと思っています。シンクロだと周りの人も緊張していたり、体調がとかがあって全員が万全にというのが結構難しいんですけど、シングルは自分で、大したことじゃないんですけど食事管理とか。直前にはそんなに食べないようにするとか、コンディション整えるのは少しだけやってます。

――腰はもう大丈夫でしょうか

前は痛かったんですけど、今回はもう痛くないです。

――今後の目標は

一番大きい全日本インカレという試合があるので、それに向けて、その前に東インカレという予選があるので通過できるようにしたいです。ジャンプはもちろん、今よりスケーティングとかスピンも全部レベルを取りこぼさないように頑張っていきます。