鈴鹿サーキットは、8月23日から25日に開催する『2019 第48回サマーエンデュランス「BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース」』(SUZUKA 10H)の暫定エントリーリストを更新。松田次生や本山哲、道上龍らチャンピオン経験者のエントリーが続々決定した。

すでに参戦が発表されている、1998年・1999年F1世界チャンピオンのミカ・ハッキネンや脇阪寿一選手に加え、フォーミュラ・ニッポンやSUPER GTで多くのチャンピオン獲得実績を持つ本山哲と松田次生や、 2000年の全日本GT選手権のチャンピオン道上龍などのエントリーが追加された。

海外勢も、昨年のSUZUKA 10Hウィナー「Mercedes-AMG Team GruppeM Racing」や、今年のバサースト12時間のウィナー「EBM」、ニュルブルクリンク24時間のウィナー「Walkenhorst Motorsport」など数多くの強豪チームがエントリー。ドライバーも昨年のIGTCチャンピオンであるトリスタン・ヴォーティエをはじめ、ドイツツーリングカー選手権やIMSA、ブランパンGTシリーズなどのチャンピオン経験者が揃っている。

このほかにも、参戦を表明しているチームを加えて40台を超える世界各国のGT300・GT3マシンが、スタートから10時間後のチェッカーまで、バトルを繰り広げる。

なお、第2次エントリーは6月20日まで受け付けている。

本山哲《写真提供 MOBILITYLAND》

本山哲《写真提供 MOBILITYLAND》

道上龍《写真提供 MOBILITYLAND》

道上龍《写真提供 MOBILITYLAND》

2018年の鈴鹿10時間耐久レース。《写真提供 MOBILITYLAND》

2018年の鈴鹿10時間耐久レース。《写真提供 MOBILITYLAND》

鈴鹿10時間 暫定エントリーリスト《写真提供 MOBILITYLAND》

鈴鹿10時間 暫定エントリーリスト《写真提供 MOBILITYLAND》