迎えた関東学生春季リーグ(春季リーグ)最終戦。勝てば3位が決まるこの大一番は、2季連続3位決定戦で敗北している宿敵・東農大との一戦となった。ゲームはやや東農大ペースで進んだが、相手はGK高橋詩帆主将(スポ4=栃木・今市)の鉄壁を破れない。両チーム無得点で第4クオーター(Q)を終え、シュートアウト(SO)戦へ突入。GK高橋主将が4本のSOを全て守り切り、SO戦を2ー0で勝ち取った。目標の『3位奪還』を達成した試合後の早大イレブンには、満面の笑みが広がっていた。

 第1Qは早大のセンターパスで開始。すぐに相手陣へ攻め込みシュートを狙っていくが、東農大はパスカットからの素早いカウンターで押し戻し、左サイドからオフェンスを展開。8分と11分には相手にボールをゴール前まで運ばれるが、ここはDF陣の攻守で切り抜ける。12分にはMF的場朱音副将(教4=滋賀・伊吹)がゴール前まで攻め込むも、点につなげることはできなかった。第2Qの開始5分、GK高橋主将が相手フィールドゴールのピンチを救うと、早大にチャンスがやって来る。8分、MF的場副将が一気に敵陣まで駆け込み、ボールはFW渋谷ビアンカ(国教2=東京・文京学院大女)へ、そしてDF有賀瞳(スポ4=東京・成城学園)へ渡った。しかしタイミングがわずかに噛み合わず、ゴールネットを揺らすことはできない。クオーター終盤には2度のゴールのピンチを招いたが、GK高橋主将がここもセーブ。0ー0で前半を折り返した。


GK高橋主将は東農大にゴールを破らせず、SO戦でも完封した

 第3Q、東農大のセンターパスからスタートすると相手はすかさずサークル内へ攻め込む。相手から放たれたシュートはあやわ先制のゴールと思われたが、ここは間一髪。わずかに枠を捉えきれずボールはゴールポストに跳ね返った。その後も両チームがペナルティコーナー(PC)を獲得しあうも得点に繋がらず、試合はより膠着した展開に。第4Qでも、相手の左サイドからのオフェンスを確実に守り切り、早大にとって今季初のSO戦へ突入した。

 SO戦最初のシューターはDF有賀。ゴール右から相手GKを翻弄(ほんろう)し、幸先よくゴールを決めた。早大はこの後3人が相手GKに阻まれたものの、GK高橋主将が鉄壁のガードで東農大のSOを4連続セーブ。そして5人目のシューターとなったのはDF村山陽香副将(創理4=東京・東学大付)。ゴールに近づくと振り向きざまにシュートを決め、SO戦を2-0で勝利。イレブンはGK高橋主将のもとに集まり喜びを分かち合った。


ウイニングショットを決めたDF村山副将

 宿敵・東農大との接戦を制し、念願の『3位奪還』を果たした。「自分たちの代で3位奪還を達成することができてすごい良かった」(有賀)。安岡裕美子監督(平16人卒=山形・米沢商)が目指す、経験者と大学からホッケーを始めた選手との融合が結実し手にしたこの勝利は、チームにとって大きな自信になるに違いない。また、今回の春季リーグで3位を獲得したことにより、早大は7月上旬に行われる全日本大学王座決定戦への出場が決定。春季リーグの目標を達成した今、次に目指すのはどこなのか。早大ホッケー部女子部は目標を新たに、さらなる高みへ進んでいく。

(記事、写真 細井万里男)

★高橋主将がGK王、ベストイレブンを獲得!


賞状や盾を手にするホッケー部女子部の選手

 山梨学院大の50季連続50回目の優勝が決まった決勝戦の後に行われた表彰式で、GK高橋主将は早大から唯一個人賞を受賞。強豪・山梨学院大や駿河台大のGKを差し置いてのGK王、ベストイレブン獲得となった。東農大との3位決定戦での勝利は、GK高橋主将の活躍なくしては成し得なかったものだろう。全日本大学王座決定戦でも、早稲田の主将の鉄壁を他大学に見せつけて欲しい。

(記事、写真 細井万里男)

結果
TEAM1Q2Q3Q4QTOTALSO
早大
東農大




コメント

安岡裕美子監督(平16人卒=山形・米沢商)

――SO戦で東農大に勝利した今の気持ちをお願いします

とても嬉しいです。

――ゲーム中にSO戦も視野に入っていたと思います。選手たちにはどのような指示を出していましたか

しっかりを人数かけて守れば守り切れるので、その点は守りやすい感じで、攻めの時はちゃんと右から(かたちを)つくって、右から攻めようということで指示をしていました。

――SO戦での作戦や、選手たちにかけた言葉などはありますか

やることはいつも練習しているので、思い切り行こうということで声を掛けました。

――3位奪還を果たしました。この結果をどう感じていますか

今初心者と経験者が半々の中で、3位を奪還できたのでとても良かったと思います。

――全日本大学王座決定戦への出場も決まっています。最後に、王座への目標や準備したいことをお願いします

ゲームプランとしては守りは大体できてきたので、攻める方の強化をしていきたいなと思います。

GK高橋詩帆主将(スポ4=栃木・今市)

――SO戦で東農大に勝利した今の気持ちをお願いします

率直に嬉しいです。

――PCやフィールドゴールを何度も止めて、SO戦でも全て守り切りました。GKとして自身を振り返っていかがですか

みんながフィールドで走ってくれている分、私は最後しっかり守らなきゃいけないなと思っていたので、そこの仕事ができて良かったなと思います。

――3位奪還を果たしました。この結果をどう感じていますか

3位奪還を果たせたことはすごい良かったと思います。ですがここで満足しないでしっかり上のチームにも勝てるように、これから練習を重ねていきたいと思います。

――全日本大学王座決定戦への出場も決まっています。最後に、王座への意気込みをお願いします

まだ対戦相手とかは分からないんですけど、どの相手が来てもまず1勝できるように、この王座までの期間に練習を重ねていきたいと思います。

DF有賀瞳(スポ4=東京・成城学園)、DF村山陽香副将(創理4=東京・東学大付)

――SO戦で東農大に勝利した今の気持ちをお願いします

有賀 素直に嬉しいという気持ちが大きいです。普段から3位奪還を目指した練習はしているんですけど、SO戦まで持ち込める試合ができるとは思ってなかったので、自分で決めたことにもびっくりしているので、きょうはもう勝てたことに浸ろうかなと思います。

村山 新チームができてからずっと東農大に勝利することを目標にして練習してきたので、その成果が出て良かったなと思います。2週間くらい時間があったんですけど、男子部と練習してもらったり、フォーメーションを新しくして、それがちゃんと成果に出て良かったなと思います。

――3位奪還を果たしました。この結果をどう感じていますか

有賀 3位奪還は2年ぶりで、結構長い間3位奪還を目標にしてきて達成できていなかったので、自分たちの代で3位奪還を達成することができてすごい良かったと思います。でも秋に向けてこの結果を維持していかなきゃいけないので、そこは夏の課題なのかなと思います。

村山 とりあえず目標を達成できたので、また秋に向けて、王座に向けて新しい目標ができると思うんですけど、留学生の子が3人いなくなってしまうので、そのことも意識してまた新しく練習していけたらいいかなと思います。

――全日本大学王座決定戦への出場も決まっています。最後に、王座への意気込みをお願いします

有賀 より一層強いチームと対戦することになると思います。初心者も多いチームなので、応用ばかりやらずにちゃんと基礎的なことをしっかりできれば基盤がしっかりとしたチームになると思うので、そこをまた重点的にやっていきたいと思います。

村山 まずは王座で1勝することを目標にして、まだコミュニケーションが取れていない部分があったので、そこをあと1ヶ月くらいの間に詰めたいと思います。