5月18日(土)東京六大学春季リーグ戦 明大1回戦 @明治神宮球場

主将・郡司の待望の今季初本塁打が飛び出した。

同率で首位に立つ慶大と明大が対峙した明治神宮球場。お互いの意地がぶつかり合った大事なカード初戦は明大に軍配が上がった。慶大は髙橋佑樹(環4・川越東)が初回に2点を失う苦しい展開。打線も明大エース・森下の前になかなか得点を奪うことができない。7回には追加点を奪われ、完全に明大ペースで試合が進むかに思われた。しかし、その裏に下山悠介(商1・慶應)の適時打、8回には郡司裕也(環4・仙台育英)の待望の第1号ソロ本塁打などで反撃を開始し、9回にも大きなチャンスを作る。しかし、明大エースが立ちふさがり、力及ばず。2対5で悔しい敗戦となった。

この日も慶大先発髙橋佑は立ち上がりに苦戦する。1、2番に連続で安打を許し、いきなり二、三塁のピンチを招く。3番・内山を逃三振に打ち取るが、続く4番・北本に三塁手のグラブの横を抜ける痛烈な適時二塁打で試合開始早々に2点を失う。

序盤から漂う嫌な流れを断ち切りたい慶大は、初回、リーグ戦通算100安打まで残り1本としている柳町達(商4・慶應)が慶大スタンドからの期待を背に打席に向かう。しかし、その前に明大エース・森下が立ちふさがった。力強い直球を中心に押し込み、最後は変化球に泳がされ左飛に倒れる。それでも、2死から3番・中村健人(環4・中京大中京)が安打で出塁し、暴投で二塁に進塁すると、打席には4番・郡司。しかし、ここは空振り三振に倒れ、得点には至らなかった。

2回以降は髙橋佑も本来の調子を取り戻し、テンポの良い投球でチームに良い流れを作る。6回には安打と野選で1死一、二塁のピンチを招く。しかし、7番・森下が放ったライトへの大きなフライに二塁走者が飛び出したところを右翼手・中村が好返球。バックも髙橋佑を盛り立てる。

髙橋佑は課題の立ち上がりにつけ込まれた。

すると、その裏、先頭の渡部遼人(環2・桐光学園)が内野安打で出塁し、2球目にすかさず盗塁を成功。足でチャンスを演出する。ここで迎えるは、慶大が誇る強力なクリーンナップ。今日最初の大きなチャンスに得点の期待も高まる。しかし、森下はこのピンチにさらにもう一つギアを上げた。3番・中村は投ゴロ、4番・郡司も遊ゴロに倒れる。2死となり、打席には正木智也(政2・慶應)。森下のこの日最速151キロの直球を振りぬくも打球は三ゴロとなり、この回も得点には至らなかった。森下の圧巻の投球の前に、なかなか得点が奪えない苦しい展開が続く。

そして、7回を迎えここまで粘りの投球をしていた髙橋佑が崩れる。先頭打者に右中間を破る二塁打で出塁を許すと、犠打で1死三塁のピンチを招く。踏ん張りたい髙橋佑だったが、3番に犠飛、4番に適時二塁打を浴び、2点を失う。なお、2死二塁とピンチが続いたところで、大久保監督は投手を津留﨑大成(商4・慶應)へとスイッチ。何とか、このピンチを二ゴロで打ち取り、残る攻撃に望みをつなげる。

反撃したい慶大はその裏、先頭の嶋田翔(環3・樹徳)がレフトの頭を超えるフェンス直撃の二塁打で出塁する。三塁へとランナーを進め、大久保監督は打席にルーキーの下山を送る。「自分のスイングをすることを心がけて」と臨んだ打席は待望のチーム初得点となるレフトへの適時二塁打。さらに、8回には郡司に今季第1号となるソロ本塁打が飛び出し、点差をジワリジワリと詰める。

フェンス直撃の二塁打で流れを作った嶋田

しかし、3番手として8回から登板した増居翔太(総1・彦根東)が9回に適時三塁打を浴び、重い1点を失う。明大打線の好機を逃さない攻撃の前になかなか自分たちの流れを呼び込めない。

嶋田に続き二塁打を放ったルーキー・下山。今後に期待だ。

それでも、慶大はあきらめなかった。9回裏、あとがない最後の攻撃で先頭の代打・田中凌馬(商4・長崎東)は、「流れを変えるのが僕の仕事、4年生の仕事」と語るように、流れを変える粘りを見せ、四球を選ぶ。続く水久保佳幸(総3・慶應)がバットを折りながらもレフト前にボールを運ぶリーグ戦初安打で無死一、二塁のチャンスを作る。1死となって打席に入るのは、今日ここまで安打がない柳町。100本目をこの場面で決めるのか。応援席の期待も大きく膨れ上がる。4球目、柳町の放った打球はヒット性の打球となるが、センターの正面を突く。2死となるがチャンスは続き、大久保監督は約2年ぶりのリーグ戦出場となる山崎隼人(商4・慶應)を打席に送る。初球を振りぬいた打球はライトの後方へ。抜けるかと思われた打球は深めに守っていた右翼手のグラブに収まりゲームセット。2対5で悔しい敗戦となった。

試合後、大久保監督は開口一番、「残念、悔しい、もったいない」と今日の試合を振り返った。確かに、あと一つ粘り切れていたら、展開は変わっていたのかもしれない。しかし、それを許さなかった明大・森下の投球に加え、チャンスを確実にものにした明大打線が今日は一枚上手だった。100安打へあと1本としていた柳町も森下の前に、安打を放つことができず、100安打は明日へお預けだ。

しかし、最後に慶大が見せた攻撃は明日へつながるものだったのではないか。田中凌の執念の粘り、そして約2年ぶりの出場であった山崎の抜けようかという大きな右飛。まさに、4年生の力がチームに明日への活力を与えた。優勝へ絶対に落とせない天王山第2ラウンドはさらなる激戦が予想される。幾多の逆境を跳ね返してきた慶大ならば、大丈夫だ。やはり、リーグ優勝への道は楽なものではない。慶大はいばらの道を突き進め。

(記事:菊池輝 写真:川下侑美、澤田夏美)