早稲田大学 7 - 4 法政大学
勝:早川 敗:三浦
本塁打:早大・鈴木萌 1号(2回)、吉澤 1号(9回)/法大・宇草 3号(1回)



終始相手に流れを渡さなかった早大が3回戦を制し、勝ち点を獲得。


両エースの投げ合いとなった試合は初回から点の取り合いに。

1回表、早大は先頭・滝澤(③山梨学院)がヒットで出塁すると、2死2塁から4番・加藤(④早稲田実)のタイムリー3ベースで先制に成功する。

法大も簡単に流れは渡さない。

直後の1回裏、2番・宇草(④常総学院)が今季3本目となるソロホームランを放ち、すぐさま同点に追いつく。

続く2回表、今度は早大8番・鈴木萌(②作新学院)にリーグ戦初となるホームランが飛び出し再び早大が1点をリードする。

しかし法大も諦めない。
2回裏、7番・渡邉(③いなべ総合)が2ベースで出塁すると、9番・三浦(②福岡大大濠)がタイムリーヒットを放ち、エース自らのバットで同点に追いつく。

次に試合が動いたのは5回。
早大は金子(③早稲田実)のタイムリーヒットや福岡(④川越東)の犠牲フライなどで一挙4点を奪う。

法大も6回に伊藤(④中京大中京)と相馬(④健大高崎)のヒットなどで無死満塁のチャンスを作ると押し出しの四球で2点を返し、粘りを見せる。

なんとか振り切りたい早大は9回表、代打・吉澤(③大阪桐蔭)が自身リーグ戦4本目となる試合を決定づけるホームランを放つ。

最終回もランナーを出し粘りを見せた法大だったが、凌ぎ切った早大が7対4で勝利した。