初戦を勝利で飾り、迎えた東大2回戦。初回で先制し続く2回表までに3点を挙げるが、守備の乱れから3回裏で逆転を許す。しかし6回表、上戸鎖飛龍内野手(農1=花巻東)の右前適時打や、谷口秀斗外野手(営2=広陵)のセーフティバントから打線がつながり一挙4点を獲得。後続を抑え、春季リーグ最終戦は逆転勝利で幕を下ろした。

◆4・6~6・2 東京六大学春季リーグ戦(早大伏見グラウンド他)

◆5・19 対東大2回戦(早大東伏見グラウンド)

○明大7―4東大

2回戦123456789
明大00000
東大0000

 「攻める姿勢を持ち続けた」(竹村律生内野手・営4=佐野日大)。1回表、相手の守備のスキを突いた竹村の好走塁で首尾良く先制。しかし、2回裏、3回裏と続けて失策や投手の制球の乱れから危機を招き東大に逆転を許してしまう。得点のないまま迎えた6回表。先頭打者の上戸鎖が右前適時打で出塁。相手の四球などでさらにチャンスを広げると、新田大智投手(法1=花巻東)の犠飛で同点に追い付く。なおも1死三塁の好機で「自分のやれることを」(谷口)と機転を利かせたセーフティーバントで逆転に成功。流れに乗った明大はさらに2点追加し、この回一挙に4得点を挙げた。その後は無失点に抑え最終戦を見事に勝ち切った。

 1年生ルーキーの活躍が目覚ましい。4回裏からマウンドを任されたのはルーキー・新田。体格の良さを生かした重い球で4回を投げ無失点に抑えるなど、序盤の悪い流れを断ち切る力投を見せた。同じくルーキーの上戸鎖は今季2度目のスタメン出場。長所は「打率を残せるところ」(上戸鎖)。先頭打者として打席に立った2回表では左前に、6回表には右前に鋭い適時打を放ち逆転の流れをつくり出した。他にも、今季リーグ戦後半から二塁手のスタメンとして出場した永井克樹内野手(営1=広陵)など、頼もしい新戦力の台頭が見られる。

 関東王者の意地を見せたか。5位に沈んだ昨年度に比べて今季は勝ち点3を獲得し確かな成長を見せた。「粘り勝つことができた」(千田京平主将・農4=花巻東)。ただ、課題は残る。「投手を苦しませた」(千田主将)。高島泰都投手(法2=滝川西)や前田剛志投手(農2=札幌第一)らに頼り切った試合運びでは、全国に歩を進めたチームに勝つことはできない。「打撃面でレベルアップしていきたい」(千田主将)。8月に控える全日本選手権で日本一になるために、投打を兼ね備えた「完璧なチーム作り」(千田主将)を目指しさらなる飛躍を遂げる。

[田崎菜津美]

試合後のコメント

千田

――どのような練習を取り組んでいきますか。

 「実践もそうですけど、バットを数振ってとにかく振る力を付けます。全日本では良いピッチャーもいると思うので、そこに振り負けないようにしていきたいです」

竹村

――走塁が目立ちました。

 「前々から主将に言われていたように失敗を恐れず走った結果、練習の成果を出して良い結果を残せました」

谷口

――チャンスに強い秘訣(ひけつ)を教えてください。

 「気持ちです。絶対に打つという気持ちです」

――リーグ戦を振り返っていかがですか。

 「全日本に向けてチームが強くなる良い課題が増えました。1年生も台頭してきたので、来週の新人戦で1年2年がアピールしてもっとチーム向上を頑張ります」

新田

――8月の全日に向けての意気込みをお願いします。

 「試合は5日連続であるので、核となる前田さんと高島さんが準決勝や決勝でフルの力で投げられるよう自分が抑えられるようにします」