19日、いよいよ2019シーズンのツアー・オブ・ジャパン(TOJ)がスタートした。

日本最大級のステージレースとしても知られるTOJは、全16チーム、全96選手が8日間8ステージを争う大会だ。大会初日、大阪府堺市のスタート地点には多くのオーディエンスが駆けつけ、迫力の沿道には歓声が鳴り響いた。

堺ステージは、2.6kmの個人タイムトライアル。2019ツアー・オブ・ジャパンのスタートを飾るのは、フラットな大仙公園を1周するスピードコース。午後1時35分に松田祥位(日本ナショナルチーム)が一番走者として出発し、その後、30秒間隔で各選手が続く。

昨年の優勝タイムである3分10秒台を超えるのは、どの選手なのか?大会初日の様子は、スポーツブルの見逃し配信でチェックしよう。

大会初日の見逃し配信(動画)も「スポーツブル」内の「TOJ特設ページ」で無料配信中だ。