勝ち切れなかった。リーグ最終戦の相手は高い攻撃力を誇る東海大。1セット目を先取するも、1―3で敗戦。悔しさ残る3位でリーグ戦は閉幕した。

◆4・6~5・18 春季関東大学リーグ戦(日体大健志台キャンパス米本記念体育館他)

◆5・18 東海大戦(浦安総合体育館)

明大1{25-19、23-25、18-25、22-25}3東海大◯

<スターティングメンバー>(ローテーション順)

OH(アウトサイドヒッター)鎌田佳朗(法4=東亜学園)、MB安井恒介(政経1=尼崎市立尼崎)、OP池田颯太(営3=松本国際)、OH小松一哉主将(政経4=雄物川)、MB三輪大将(政経2=高川学園)、S上林直澄(法3=東亜学園)、Li鳴尾空海(商2=習志野)、Li瀧田大輔(商3=洛南)

 流れをつかみ切れなかった。第1セットは「ペースをつかめた」(小松)。池田のサーブや小松、三輪のブロックで得点を重ね、25―19で先取。「手応えを感じた」(上林)と幸先良いスタートを切った。しかし、第2、3セットは修正してきた相手に「対応し切れなかった」(安井)。第1セットを取られ劣勢となった東海大は、セッターを交代して攻撃を活性化。東海大のエース・新井雄大を中心に得点を重ねられ、連続でセットを献上した。後がなくなった第4セットは、序盤からサイドアウトを取り合う展開に。15―16の場面で相手のミスから3連続得点でリードを奪う。しかし東海大の猛攻を振り切れず、21―21の場面で3連続失点。「勝ち切れない弱さが出た」(池田)。最後まで立て直せないままに試合終了となった。

 春季リーグを7勝4敗の3位で終えた。この結果に対して「満足はしていない」(小松)。

目標のリーグ優勝は達成できなかったが、サーブやレシーブ面での課題が明確になったリーグとなった。東日本インカレに向け課題を克服し、優勝目指して突き進む。

[羽賀友羅]

試合後のコメント

鈴木監督

――今日の試合を振り返っていかがですか。

 「1セット目のブロックとサーブを継続できずに、ミスが出てうまく突かれてしまいました」

小松

――新キャプテンとして春リーグを終えていかがですか。

 「自分は自分のやり方で、チームの状況をしっかり背負って今年のシーズンを終えたいと思っているので、その上で日本一というタイトルが取れれば、中身のある1年になると思っています。どれだけプレッシャーがかっていても妥協せずに今年1年やっていきたいです」

池田

――リーグ3位という結果についていかがですか。

 「目標は優勝でしたが、4位以内に入って天皇杯の関東ブロックの出場権を得ることができたので、最低ラインはクリアできました」

――東日本インカレに向けて意気込みお願いします。

 「自分たちの最高のパフォーマンスができれば結果は付いてくると思うので、東日本で優勝できるように、リーグで出た課題を詰めて頑張りたいと思います」