法政大学 3 - 5 早稲田大学
勝:西垣 敗:鈴木
本塁打:なし


中川卓(①大阪桐蔭)の2打点など、チャンスで着実に加点した早大が接戦を制して第3戦へ持ち込む


均衡を破ったのは勝利が必須の早大。
2回裏、1死1塁2塁から7番中川卓が左中間へのタイムリー2ベースで早大が先制。
開幕から苦しんでいた若き才能が初打点をマークし、早大に貴重な先制点をもたらす。

さらに4回裏、無死1塁3塁から再び早大・中川卓。
打球はセカンドへの併殺打になるもその間に3塁ランナーが生還し追加点をあげ、リードを2点に広げる。

続く5回も早大が打撃の手を緩めない。
2死1塁3塁から早大4番キャプテンの加藤(④早稲田実)がライト前へのタイムリーヒットでリードを3点に広げると、
続く檜村(④木更津総合)が2点タイムリー3塁打を放ち、早大がリードを5点に広げる。

しかし法大も反撃を開始。
7回表、2死1塁3塁とチャンスを作ると打席には代打の毛利(④愛工大名電)。
ここまで19打数1安打と苦しんでいたが、ボールに食らいつきライト前へのタイムリーヒット。

さらに早大のワイルドピッチで1点を追加すると、2番に代打で羽根(③日大鶴ヶ丘)が打席へ。
3塁へ大きくバウンドした打球は内野安打となり、さらに1点追加。
法大は7回に3点を返し、2点差に詰め寄る。

しかし法大の反撃はここまで。早大がチャンスで着実に加点し接戦を制する。
決戦は第3戦へ。