東京六大学野球春季リーグ戦 対早大 1回戦
2019年5月18日(土)
神宮球場

 2カード連続で勝ち点を落とし、優勝の可能性がなくなった法大。チームとしての真価が問われた早大1回戦は緊迫した展開となった。両先発が好投を見せ、7回までは互いに無得点。しかし、均衡を破ったのは法大だった。8回、安本竜二(営4)が2死から出塁すると、続く伊藤寛士(文4)、福田光輝(人4)の連続適時打で2点を先制。投げては三浦が最後まで早大打線に得点を与えず、今季初の完封勝利。終盤に執念を見せた法大が見事に初戦を勝利で飾った。

要所を抑える投球で完封勝利を果たした三浦

戦評

 立大戦の2連敗から2週間。優勝の可能性が消えた今、今日の早大戦は改めて『結束』力の真価が試される試合となった。

 小宮山悟新体制の早大打線を迎え撃つは三浦銀二(キャ2)。立大戦では無念の降板となったが、今日は走者を出しながらも失点を許さない粘投を見せる。7回のピンチには右翼手・宇草孔基(営4)の好守備に助けられ、スコアボードに0を並べ続ける気迫の投球を披露する。

好返球を見せ、ベンチの選手に迎えられる宇草

 一方、早大先発・早川隆久も好投を見せる。6回まで法大打線を被安打5、5奪三振で抑え、法大に攻撃の隙を与えない。6回を投げ切ったところで代打を送られマウンドを降り、中継ぎ陣に託すも、これが法大にとって好機となる。8回、早大・今西拓弥が3番手で登板。1番・宇草、2番・相馬優人(営4)をテンポ良く抑えマウンドを4番手・徳山壮磨につなぐが、法大打線がこの徳山を捉える。打撃好調の3番・安本竜二(営4)が左越えの二塁打で攻撃の糸口をつかむと、4番・伊藤寛士(文4)が右翼線への適時二塁打でついに先制点を挙げる。すると、続く5番・福田光輝(人4)も右越えの適時二塁打でさらに得点を追加し、土壇場で2点の援護を三浦に与えた。

待望の先制点に沸く法大ベンチ

 そして、迎えた最終回。先発・三浦は最後まで得点を許すことなくゲームを締め、完封勝利で今季2つ目の勝ち星を手にした。  

 最後まで粘りの打撃を見せ、執念で白星を手にした法大。副将の宇草は「明日も厳しい試合になる。全員で粘って勝ちたい」と今カードの2連勝での勝ち点獲得に闘志を燃やす。明日も令和のオレンジ打線が機能し、初夏の神宮球場に校歌がこだまするだろう。

(須藤大樹)

クローズアップ:三浦銀二

  今季初の完封勝利をつかみ取った若きエース。その姿は、堂々たるものだった。

 今季もいよいよ後半戦。2カード連取に向け、弾みをつけたい大事な試合で、第一先発を任されたのはやはり三浦銀二(キャ2)だ。初回、先頭打者に安打を許すも、三浦の顔に焦りはない。続く打者を併殺打に打ち取り、すぐさまこの回を終える。その後も走者を出す回が多くあった今日の試合だが、打者集中できっちり抑えていく。両チーム0が続く投手戦の中、8回に2点の援護を受け、最終回マウンドに上がった。試合後、その時の気持ちを「だいぶ楽な気持ちで投げることができた。野手に感謝したい」と振り返った。最後もしっかりと締め、7被安打無失点で白星を挙げた三浦は、終了時、満面の笑みを見せた。

 苦しい投球も多く見られていた今季。三浦自身、「一年間戦って立場も変わって、気持ちの面でも難しいっていうのは、自分の中で少なからず感じてはいた」と語るように、2年目となった今、昨年よりも背負うものが大きくなっていることは確かだ。しかし、本調子といえる投球ができていない中でも、今日のように要所を締め、落ち着いて投げ抜く姿からは、エースに相応しい強さが感じられる。すでにチームにとって欠かせない存在である三浦だが、まだまだ2年目。『ホープから大黒柱へ』。一回りふた回りとさらなる成長を遂げる。

(吉田あゆみ)

選手インタビュー

福田 光輝 主将

—今日の試合を振り返って
しっかり勝ち切ることができたので、チームにとって良かったと思います。

—自身は長打が2本出ましたが、調子自体は
全然悪くないです。初回の場面で自分が打っていればもっと楽な試合になったと思うので、気持ちを整理して明日に臨みたいと思います。

—初回の好機を逃して以降、拮抗した展開が続きました
ああいう展開が続いていく中で粘っていこうというのはチームで話していて、攻める時が来たら一気に行こうと思っていました。

—早大の投手陣の印象は
みんないい投手なので自分としては受け身にならず攻めていこうという気持ちで一打席目から行きました。

—特に中継ぎ陣は個性派ぞろいです
とにかくセンターに強い打球を打つこと、あとはみんなで粘って球数を投げさせることが大事だと思うので、練習でもそういった想定をしながらやっていました。

—8回にクリーンアップ3人で均衡を破りました
自分としては初回のチャンスを潰しているので、同じ失敗がないように。狙い球だけは強いスイングでいこうと思っていました。良いところに飛んでくれて良かったです。

—明日へ向けて意気込みをお願いします
今日よりも強い気持ちを持っていかないといけないと思うので、明日に向けた準備をしっかりするというのと、切り替えというのを大切にしたいと思います。

宇草 孔基 副将

—今日の試合を振り返って
今日も接戦だったんですけど、なんとかこの接戦をものにできたので、良かったです。

—自身のコンディションとしては
立教戦で少し当てにいった部分を崩されてしまったので、空き週に原点に帰ってしっかりスイングしていくというのを積み重ねた結果がヒットにつながったと思います。

—立大戦では調子が良くないと伺いましたが
崩されてしまったので、そこを修正できたので良かったです。

ー空き週にはどのような修正を
バッティングフォームを崩されてしまって、当てにいってしまうことが多かったので、スイングを安定させることと下半身で振るというか、原点に帰ってセンターに強く打つ意識して、腹くくって取り組みました。

—結果として今日は2安打でした
練習の積み重ねが出たので良かったです。たまたまヒットが出たわけではなくて、意識して取り組めた結果、ヒットを打てたので成長できたなと思います。

—今日の試合を踏まえ、明日への修正点などは
明日も厳しい戦いになると思いますし、今日のように少ないチャンスになると思うんですけど、なんとか全員で粘って勝てるように頑張っていきたいと思います。

—明日への意気込みを
絶対に1敗もしないので、まず明日全員で絶対勝ちます!

三浦 銀二 投手

—今日の試合を振り返って
自分が今まで、結果っていう結果を今シーズン残せていなかったので、今週はしっかりとした結果を残せるように頑張りました。

—序盤、球数を稼がれました
全部投げると思っていなかったので、一人一人丁寧にバッターを打ち取っていこうと思っていました。

—後半、変化球が多く見られましたが、最初からそのような組み立てを考えていたのか
組み立てとしてはなかったですけど、自分の中で、真っ直ぐよりも、カウント球としてスライダー、変化球が使えるっていうのがあったので、キャッチャーと話して、そうするようにしました。

—今季は苦しい投球が続きました
今まで、散々チームに迷惑かけてきたので、今日こそはっていう気持ちで試合に臨みました。

—調子や気持ちの面で何かいつもと違うなと感じたことは
気持ちの面でも、一年間戦って立場も変わって、難しいっていうのは自分の中で少なからず感じてはいましたけど、なんとか早稲田に一勝できたので、そこは自分の中で一つ、良かったのかなって思います。

—昨季よりも、他大学からのマークが厳しくなった今季だと思われます
法政の一戦目を任されることで、他大学からのマークが厳しくなるっていうのは分かっていたんですけど、そこは逆に逆手に取ってやろうって思っていました。

—今季初完封勝利を挙げました
完封っていうのは、そんなに自分の中で大きな意味はないですけど、チームを勝たせるっていう意味では最高の結果じゃないかなって思っています。

—次に向けて
次あと1カード、それから明日の試合があるので、自分が任されたところで与えられた仕事をきっちりやろうと思います。

渡邉 雄太 捕手

—今日の試合を振り返って
今日は(三浦)銀二が要所要所でしっかりと締めてくれました。8回に(伊藤)寛士さんが決めてくれて、2点取れたというのも、銀二がそれまで抑えてくれたおかげだと思います。

—三浦選手の調子は
とても調子が良いというわけではなかったんですけど、今日はランナーを出してもしっかりと集中できていたと思います。

—走者を出しながらも溜めることはなく、落ち着いていた印象です
そうですね。この前はランナーを意識しすぎていた部分があって、バッター集中でいこうというのをこの1週間で話していました。そのおかげで今日はランナーを溜めずに抑えられたのかなと思います。

—7回のピンチでは宇草選手の好返球に助けられました
ライト前に打球が飛んだ時には「やばいな」と思ったんですけど、宇草さんとはいつもキャッチボールをしていて、その時から、勝負の時こそ、力を抜いて投げるというのを常に意識していました。宇草さんを信じて、良いボールが必ず来ると思っていて、実際に良いボールが来てアウトにできたので良かったです。

—自身の打撃としては無安打に終わりました
打てるようになっていかなければならないですが、守備で0に抑えるということも大事にしています。明日は打撃でも活躍できるようにしていきたいと思います。

—明日に向けて
やっぱり、2連勝することが目標なので、しっかり明日も同じように抑えて、打撃につなげていけるように頑張っていきたいと思います。

伊藤 寛士 内野手

—今日の試合を振り返って
なかなか点が取れない中で、しっかり先発の三浦が粘ってくれて、0で抑えてくれたので、いい試合だったなと思います。

—空き週はどのようなことを
あまり、大きく変えることは無かったんですけれど、意識的には、打撃の面で体が早く開くことがあったので、開かないようにというのは意識して打撃練習をしていました。

—好機で第4打席は打順が回ってきました
最後のチャンスになると思ったので、このチャンスはものにしなければいけないと思い、打席に入りました。

—チームの先制点を挙げる適時打を放ちましたが、率直な感想は
0-0の試合の中で、先制点を取った方がこの試合有利に進むと思ったので、終盤のツーアウトから連打で1点取れたのは、すごくよかったかなと思います。

—伊藤選手自身の状態は
自分ではあまりよくないと思っていたんですけれど、試合をしてみて、しっかりボールが見えていたので、悪くは無いのかなと思います。

—明日の2回戦に向けて
一戦一戦やっていくだけなので、しっかり明日も勝って、連勝で終われるように頑張っていきたいと思います。

安本 竜二 内野手

—今日の試合を振り返って
勝てたのでよかったです。

—6試合連続本塁打は意識していた
意識したくなかったですけど、周りの雰囲気もありましたし、でもそれを打席に持ち込みたくなかったです。結果ホームランは出なかったですけど、自分の仕事ができたと思うのでそこはよかったです。

—2安打でしたが、今日の打撃内容を振り返って
チャンスメイクとチャンス拡大をしっかりできたので、そういった意味ではしっかり仕事ができたかなと思います。

—8回の打席は2死の場面でしたが、どんなことを意識した
塁に出るしかないと思っていて、ツーベースという形になって、その後しっかり4番が打ってくれたので、明日にもつながると思いますし、良い形で点数が取れたのでよかったです。

—自身の打撃は好調
いいかなと思います。無駄なことを考えずに打席に入って、自分のスイングができてることがその要因だと思います。

—明日の試合に向けて
明日も勝って、2連勝で勝ち点を取りたいと思います。

7回に好返球を見せ、チームを救った宇草
6試合連続本塁打とはならなかったものの、2安打でチームの勝利に貢献した安本
8回に待望の適時打を放った伊藤
先制のホームを踏み、ベンチに戻った安本は塁上の伊藤に向けガッツポーズ
ベンチの選手たちに迎えられる伊藤
伊藤に続き適時打を放った福田
接戦を制し、明日の2回戦へとつないだ