<写真・本塁打を放ち、ガッツポーズをする高尾>

   

 5月18日、大阪府南港中央野球場にて2019年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第7節(対京大1回戦)が行われた。

   関学は初回、中内(経4)が四球で出塁すると、岩井が安打を放ちチャンスを作る。続く高尾(社4)の犠飛で1点先制。2回は二者連続安打を放つも得点には繋がらず。同点で迎えた3回。岩井(商3)が二塁打で出塁すると、高尾が本塁打を放ち、2得点。その後6回までは安打で出塁するも得点には繋がらず。再び7回に藏本(経4)からの三者連続安打で1点を追加する。2点リードで迎えた9回。中内が安打で出塁すると、仲田(総4)が犠打で繋ぐ。続く高尾の二塁打などでさらに2点を追加する。投げては、先発の黒原(社2)が初回、先頭打者の二塁打から打線を繋がれ同点に追いつかれる。だが、その後は好投、好守で6回まで無失点に抑える。継投したのは松田(経4)。2つの三振を奪い、7回を終えた。続く8回、安打や四球で2死一、二塁の場面を迎える。そして続いてマウンドに上がったのは加藤(社3)。四球で出塁を許し、満塁のピンチを迎えるも、失点は1に抑えた。最終回に登板したのは小田(経4)。二者連続安打を放たれるも得点は許さず。リードを守り切り、6ー2で勝利した。

   次戦は明日、同会場にて第7節対京大2戦目が行われる。

【京大】●藤原、安田、岩本-北口

【関学】○黒原、松田、加藤、小田ー板倉(教4)

[本塁打]関学:高尾

[二塁打]関学:岩井、高尾

京大:藤井、藤原

試合後のコメント

中内理貴主将「勝つことができて良かった。先制して、いい流れで点を重ねることができて展開が良かったと思う。最終節で、みんなの勝って秋につなげたいという気持ちがつながったことが勝因。あすもみんなで打って守って完璧な試合にしたい」