明治大学 5 - 2 慶應義塾大学
勝:森下 敗:髙橋佑
本塁打:慶大・郡司 1号(8回)


首位決戦は明大が先勝!キャプテンの森下(④大分商)が9回2失点の完投で勝利に貢献!


初回から明大が慶大先発の髙橋佑(④川越東)を攻め立てる。
1回表、1死2塁3塁とチャンスを作ると、明大4番・北本(④二松學舍大附)がレフト線を破る2点タイムリー2ベースを放ち、明大が先制に成功。

一方で明大先発の森下(④大分商)は3回まで被安打1と慶大打線の付け入る隙を与えない。
また髙橋佑も調子を取り戻し、中盤から森下との投手戦を展開。

試合が動いたのは7回表、明大が犠牲フライで1点を追加し、
さらに2死1塁から続く3番内山(④静岡)がレフト線へのタイムリー2ベースを放ち、明大はリードを4点に広げる。

しかし慶大も反撃。
7回裏、慶大は嶋田(③樹徳)がフェンス直撃の2ベースを放つと、
2死3塁から下山(①慶應) が初打点となるレフトへのタイムリー2ベースを放ち、慶大が1点を返す。

さらに8回裏、1死から慶大・4番でキャプテンの郡司(④仙台育英)がレフトへのソロホームランを放つ。
現役最多タイとなる通算8本目のホームランで、慶大がリードを2点に縮める。

しかし9回に明大に追加点を許し、慶大は万事休す。
明大は首位決戦を制し、先勝。慶大は明日で巻き返せるかが注目。