“モンスター”が間もなく英国デビューを果たす。

 現地時間5月18日、スコットランドのグラスゴーでワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級の準決勝が催され、WBA同級王者の井上尚弥(大橋ジム)がIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との一戦に臨む。



グラスゴーで公開練習を行なった井上

 WBSSでは優勝の”大本命”と目されてきた井上だが、26歳のロドリゲスも19戦全勝(12KO)という戦績を持つ強豪。破竹の快進撃を続けてきた井上にとって、「キャリア最大の難敵」と言えるかもしれない。

 ボクシングファン垂涎のこの一戦を、アメリカの記者たちはどう見ているのか。そして、彼らは井上の今後にどんな期待を抱いているのか。アメリカのスポーツ専門チャンネル『ESPN.com』の人気企画、「5-on-5ディベート」をモデルに、今回は米東海岸に本拠を置く4人の記者に4つの質問をぶつけてみた。

 この「4-on-4」に参加してくれたパネリストの言葉から、日本が誇る怪物王者の現状と、今後の展望が浮かび上がってくる。

【パネリスト】

○ライアン・サンガリア:リングマガジンのライター。フィリピン系アメリカ人で、アジアのボクシングに精通する

○ゲイブ・オッペンハイム:NY拠点のフリーライター。2017年5月の村田諒太(帝拳ジム)対アッサン・エンダム(フランス)戦の際は、来日して現場取材を行なった

○ショーン・ナム:『ハンニバルボクシング』『UCN.com』などで活躍する韓国系アメリカ人ライター。精力的な取材で構築したネットワークによるインサイダー情報に定評がある

○マルコス・ビレガス:『Fight Hub TV』の創始者で、インタビュアー。『FOX』のボクシング中継で非公式ジャッジを務める

Q1 井上対ロドリゲス戦のポイントは?

サンガリア「バンタム級に昇級して以降、井上はまともに被弾したことがない。ロドリゲスが早い段階で、井上が経験したことがない強さのパンチを当て、リスペクトを得られるかどうかがカギになると思う。それができなかった場合、ロドリゲスは厳しくなる。WBSS1回戦のジェイソン・マロニー(オーストラリア)戦ではスタミナ不足も感じただけに、ロドリゲスにとっては特に序盤が大切だ」

オッペンハイム「注目はロドリゲスが井上のパワーに対抗できるかどうかだ」

ビレガス「井上は距離感に優れ、自分のパワーを生かせる位置まで詰めてくる。ロドリゲスにとって大切なのは、相手のパワーが最大限に発揮されない距離にどうにかして身を置くこと。手数を止めず、動き続けることが重要になる。一方の井上は普段どおりに戦えばいい」

ナム「井上はシンプルに、自分らしく戦えば何の問題もない。 ロドリゲスが勝つには、完璧な戦いをするだけでなく、世界最高級の”幸運”が必要になる。具体的には、ロドリゲスは距離を詰めて井上のボディを狙う必要がある。その上でラフファイトに持ち込み、リング上で相手を快適にさせないようにしなくてはならない。それらは難しい作業で、これまでに成し遂げた選手は誰もいない」

Q2 試合展開の予想は?

サンガリア「試合までに何か理由が見つからない限り、井上が負けることを予想するつもりはない」

オッペンハイム「井上の9回KO勝ち」

ビレガス「一般的に井上が有利と思われていて、私も彼が勝つと思う。 時間の問題だろう。パンチをもらった際にロドリゲスがどんな反応をするかだが、KOで決着が着くと見ている」

ナム「井上が序盤から中盤までにKOで勝つ」

Q3 すでにWBSS決勝に進出しているノニト・ドネア(フィリピン)は、井上対ロドリゲスの勝者相手に勝機はあるのか?

サンガリア「ドネアはバンタム級では無敗だが、36歳とキャリアは終盤に差しかかっている。前戦のステファン・ヤング(アメリカ)戦では多くのパンチを浴び、打たれ強さを示しはしたが、井上やロドリゲスに打たれたら同じようには耐えられないだろう。ただ、パワフルな左フックを持ち、得意のパンチを効果的に当てるクイックネスを備えたドネアを完全に見限ることはできない。ドネアはこのトーナメントの”ワイルドカード”的な存在。今週末の勝者を相手にしてもチャンスはあるのではないか」

オッペンハイム「ドネアは、ロドリゲス相手であればアウトボクシングで有利に戦うことができるかもしれない。ただ、井上は倒せない」

ビレガス「個人的にはドネアのことが好きだからつらいが、彼にチャンスがあるとは思わない。バンタム級に下げてパワーを取り戻したように見えるが、年齢を重ね、スピードも落ちている。特に井上の戦歴と比較した場合、最近のドネアは同じようにハイレベルの相手と戦ってきたわけではない」

ナム「残念ながらドネアは全盛期をはるかに過ぎている。7年前のドネアと井上が対戦したなら”ドリームファイト”だが、現時点では番狂わせのチャンスはほとんどない。井上に勝つには最大の武器である左フックを当てなければいけないけど、今のドネアにそれができるとは思えない。パワー、スピードが特筆される井上だが、鋭いジャブを持っていることも忘れるべきではない。ドネアはジャブが得意な選手に苦しむ傾向にあるからね」

Q4 井上が、村田諒太も契約している「トップランク社」との契約に合意したという報道が一部で流れた。この件について思うことは?(サンガリア記者はコメントなし)

オッペンハイム「井上がトップランク社と契約すれば、ボクシングマニアだけでなく、一般のスポーツファンからもその名を知られるようになるだろう。WBC王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)、元王者ルイス・ネリ(メキシコ)は、アメリカのボクシング興行と中継を行なう『PBC』の傘下で試合を行なっているため、短期視野ではバンタム級の対戦相手が限定されてしまうことにもなるのだが。

 かといって、他の強豪たちも永遠にアル・ヘイモン(PBCを手掛けるマネージャー兼アドバイザー)の傘下でいるわけではない。論議を呼ぶ形で山中慎介(帝拳ジム)に連勝したネリと、井上との”因縁ファイト”もいずれ実現するかもしれない」

ビレガス「真実だとすれば大きなニュースだ。2017年9月の井上vsアントニオ・ニエベス(アメリカ)戦の際、『井上とはどんな選手なのか』と多くのファンが期待していたのを覚えている。よりグローバルな存在になろうと思えば、やはりアメリカで継続して試合をする必要がある。日本のKOアーティストはこの国でも需要がある。トップランク社と契約することで、アメリカでの露出が増えることは間違いない」

ナム「本当だとすれば、井上陣営にとって適切な動きだと考える。井上が希望するとおり、より大きな存在になるためには、母国を離れ、これまで他の誰もやり遂げていないことをやる必要がある。

 トップランク社が外国人選手をスターに育てられることはすでに証明されている。(トップランク社と独占契約を結ぶ)『ESPN』で露出することで、井上はより国際的な存在になり、アメリカに住む日本人や日系アメリカ人にもアピールできる。MLBのイチローくらいのレベルには到達できないかもしれないが、井上なら大きなことが成し遂げられるはずだ」