今年のNTTインディカーシリーズは大混戦だ。チーム・ペンスキー、チップ・ガナッシ・レーシング、アンドレッティ・オートスポートが3強として君臨しているものの、昨年から空力パッケージがワンメイクに戻り、どのチームも大きなアドバンテージを手に入れることができずにおり、中堅、新興チームにも、実力を伸ばすところがでてきた。

 第5戦はインディカーグランプリ。インディアナポリスのオーバルコースの一部も使った、ほぼフラットなロードコースが舞台だ。金曜、土曜の2デイイベントとして開催されたが、両日とも低温コンディションで、レースの終盤には雨も降った。



インディカーグランプリでは14位だった佐藤琢磨

 予選ではスウェーデン出身のルーキー、フェリックス・ローゼンクビスト(チップ・ガナッシ・レーシング)がキャリア初のポールポジションを獲得し、先輩チームメイトのスコット・ディクソンが2位。彼らはマシン・セッティングで優位を手にしたようだ。

 だが、85周のレースは最後の20周が雨になり、ウェットコンディションでのスピードと、どんどんと乾いていく路面でのパフォーマンスが勝敗を分けた。

 雨が降り出した直後、タイミングよく出されたフルコースコーションで、躊躇なくレインタイヤを装着したディクソンは、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)からトップの座を取り戻した。

 予選で失敗し、13番手スタートだったニューガーデンだが、ピットタイミングをずらす作戦が当たってトップに立っていた。彼にとってこの終盤のフルコースコーションは絶妙のタイミングで、優勝のチャンスを手に入れた。ところが、この時のピットで、彼らはソフトコンパウンドのスリックタイヤをチョイスする判断ミスを犯す。フルコースコーション中に雨が強まったため、もう一度ピットに入ってレインタイヤに交換。その作業中にもクルーがミスを犯し、今季2勝目のチャンスは消滅した。

 これでディクソンの優勝はほぼ確実と見られた。しかし、勝ったのは、最後のリスタートを6番手で迎えたシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)だった。レインタイヤで目覚ましい走りを見せたパジェノーは、次々と前車をパス。ゴールまで2周のターン8でアウトからディクソンを抜き、劇的な勝利を飾った。

 コーションが出た直後、パジェノーはピットインしなかった。その判断自体は誤りだったはずだが、フルコースコーションが長く続いたことで、レインタイヤに交換するチャンスを得て、6番手という上位でレースに復帰することができた。ニューガーデン同様、タイヤチョイスを間違えたチームが多かったためだ。

 もちろん、パジェノーの優勝は幸運だけで得られたものではない。ウェットコンディションでの走りは他を完全に圧倒していた。ドライの時とは明らかに異なるラインを試すクレバーさもあり、速いペースを保ち続けた。

「ブレーキング・パフォーマンスが非常によかったので、大胆に攻め続けることができた。最後は2位キープに傾きかけたが、考え直してさらにプッシュしたら、マシンがそれに反応してくれた。ターン8でのパスは狙っていたものではなく、自然な流れ。ディクソンのターン7出口の加速が悪かった。この勝利は、自分のキャリアのなかで最もうれしいものかもしれない」(パジェノー)

 2016年チャンピオンのパジェノーだが、2018年は新エアロのマシンに手こずり、1勝も挙げることができなかった。今回の勝利は2017年の最終戦以来。「去年は新しい空力になったマシンを理解することに時間を費やした。苦しんだが、マシンは着実に進歩し、今年は非常に高いレベルに仕上がっている。そして、僕自身はタイトルを獲得した2016年よりもドライビングがうまくなっている」と、パジェノーは復活を宣言した。

 今回の優勝により、パジェノーはポイントスタンディングで11位から4位へと一気に浮上。彼の言葉のとおりなら、2度目のタイトルの可能性もあるということだ。

 ポイント首位はニューガーデンがキープ。しかし、今年早くも3回目の2位フィニッシュとなったディクソンが3位から2位へと順位を上げ、その差も6ポイントに縮めた。ポイント3番手はロングビーチで1勝を挙げているアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)だ。

 また、インディカーGPでは、まだフルシーズン参戦もできていないメイヤーシャンクレーシングウィズASPMのジャック・ハービーが3位となり、キャリア初の表彰台に上がった。そして4位には、AJ・フォイト・エンタープライゼスで走るインディカー2年目のマテウス・レイストが入っている。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、予選11位から14位でゴールした。

 第3戦アラバマでポールトゥウィンを飾っている琢磨は今回、チームのロードコース用セッティングが高い戦闘力を持っていることを確認した。予選第1セグメントのグループ1で最速ラップを記録したのだ。しかし、難しいコンディションとなったレースでは、マシンを合わせ込み切れず、ウェットレースを得意とするはずの琢磨が終盤に順位を落としていった。

「レース序盤からマシンが曲がらなかった。レース中によくなった時もあったが、ウェットになってからは、またマシンが曲がらない状況に陥った」と、琢磨は苦しかった戦いを振り返った。これでポイントスタンディングは、4位からひとつ下げて5位となった。

 このインディカーGPは、6年前からインディ500直前に開催され、歴史あるビッグイベントへのムードを高める役割を担っている。インディカーGPの決勝が終わると、2日間休んだだけで、火曜日からプラクティスが始まる。週末の2日間に開催される予選に向けて、4日間を使ってマシンを仕上げるのだ。

 琢磨は、4月末にインディアナポリスモータースピードウェイで行なわれた合同テストで、トップタイムをマークしている。昨シーズン終了後にファイアストンが新しいタイヤのテストを行なった時には、グレアム・レイホールがトップタイムだった。2回の走行で2回とも、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのマシンがトップだったのだ。

 これは偶然ではない。アンドレッティ・オートスポート、シュミット・ピーターソン・モータースポーツ、エド・カーペンター・レーシングで、インディ500での勝利やポールポジション獲得に貢献してきたベテランエンジニアのアレン・マクドナルドが、昨シーズン終了直後にレイホール・レターマン・ラニガン・レーシング入りした。彼のアイデアを盛り込んだセッティングが、このような成果につながったようだ。

 昨年のインディ500では、ハンドリングのトラブルで、スロー走行していたマシンにクラッシュしてしまった琢磨だが、2012年に優勝目前まで行き、2017年に勝利したことでもわかるように、インディ500での戦い方には長けている。

 新セッティングで戦闘力を高めたマシンを手に入れた琢磨とっては、空力のルール変更でオーバーテイクのチャンスが増えるという状況も朗報だ。インディ500では、優勝候補のひとりに挙げられている。