文=鈴木栄一 写真=野口岳彦

「他の選手と比べた時、そこまで自信もなかったです」

バスケットボール女子日本代表の活動がスタートし、東京オリンピックのコートに立つべく熾烈なサバイバルレースが幕を開けた。これまで長年、日本代表の絶対的なリーダーとしてチームを引っ張ってきた吉田亜沙美の現役引退によって、誰が新たな代表の舵取り役となるのか注目を集めるポイントガード陣にあって、昨夏のワールドカップ組である町田瑠唯、藤岡麻菜美、本橋菜子の中に割って入ろうとしているのが川井麻衣だ。

これまでA代表での国際試合出場経験はない川井だが、Wリーグでの昨シーズンは三菱電機コアラーズのファイナル進出に大きく貢献。その活躍が評価されて今回のメンバー入りを果たした時の心境を次のように語る。

「トム(ホーバス)さんが昨年よりも三菱の試合を見てくださっていて、会場にいることが多かったです。自分が選ばれたことにビックリしていますけど、周りからは『代表に行ってほしい』とか『行けるんじゃないか』とは言われていました。ただ、チームのみんながよく合わせてくれて自分が生かされた部分があって、他の選手と比べた時、そこまで自信もなかったです。自分の名前がリストにあるのを見た時、率直に『本当に入った!』という思いでした」

今、日本代表の司令塔は、吉田の後継者争いとして見られることが多い。川井にとって吉田は同じ東京成徳大高校出身の偉大な先輩であり、常に憧れとして追い続けてきた存在だ。

「昔からリュウさん(吉田)に憧れていて、JX-ENEOSの試合を観客としてよく見に行っていました。そこからちょっとした縁があって、中学3年生の時に繋がりができて、高校時代は吉田さんがちょくちょく応援に来てくれていた時、ガツガツは行けないんですけど、少しお話をさせてもらっていました」

「吉田さんと真っ向勝負できたのは財産です」

このように吉田への思いを語る川井にとって、吉田の現役最後の試合でマッチアップできたのは、かけがえのない体験となった。特にGAME2の第3クォーター終了間際、三菱電機にとってはこのクォーター最後となるオフェンスで吉田との1対1からドライブして決めきったプレーが印象に残っていると振り返る。

「いつもならああいう場面、三菱は渡邉(亜弥)さんで行きます。あの時は『リュウさんと1対1をやれ』って言われて、最初は『え?』と思いました。ただ、そこでシュートを決めきれたし、たとえ外したとしても全力で立ち向かったし、ちゃんと戦えました。シリーズを通しては全然、足元には及ばなかったですけど、あの舞台で真っ向勝負できて、吉田さんのいるコートに私もずっと立ってマッチアップできたことは自信にもなるし、財産です」

『吉田の後継者』と見られることについては「後継者になりたいです」とキッパリ言う。その上で、「後継者になりたいですけど、吉田さんと自分はプレースタイルが違います。自分のスタイルを忘れずに食い込んでいけたらと思います」と冷静さを川井は兼ね備える。

「ピック&ロールからのスリーポイントは負けない」

これから始まる東京五輪への切符を懸けたポジション争いを勝ち抜くため、川井がアピールしたい部分はどこなのか。「あまり秀でたものがないというか、これというのが自分としてはあまりないかなと思っています」と控え目に言う中でも、負けない、負けたくないとこだわりを持つ部分がある。

「ピック&ロールは自分としては武器として持ちたいし、そこからいろんなプレーを展開できるようにしたいです。ピック&ロールからのスリーポイントは負けないかなと思います」

川井本人が意識しているかは分からないが、ガードがピック&ロールからスリーポイントを決めることは、NBAのウォリアーズ、ロケッツのような最先端のスモールボールを志向するトム・ホーバスヘッドコーチのスタイルにおいて重要な要素だ。これがハマれば、日本代表における川井の存在感は一気に高まることになる。

日本代表のチーム力アップには、新戦力の台頭によるチーム内の底上げ、競争激化は欠かせない。だからこそ、川井がこれからの代表試合でどんなプレーを見せてくれるのか楽しみだ。