◆2019年度東京六大学野球春季リーグ戦◆

5月11日 対早大 明治神宮球場

守備位置選手名・学年・出身校打数安打打点
[8]宮崎 仁 (コ1=大阪桐蔭)
[4]3江藤 (済4=東海大菅生)
[5]柴田 (社1=札幌第一)
[3]山田 (コ1=大阪桐蔭)
小野 大 (文4=横浜)
34宮 慎 (コ3=市立船橋)
[7]三井 (コ3=大阪桐蔭)
[9]中嶋 (コ3=佼成学園)
[2]藤野 (営4=川越東)
[1]田中 誠 (コ4=大阪桐蔭)
H林中 (コ3=敦賀気比)
比屋根 (営3=興南)
中﨑 (観3=立教新座)
江口 (営4=浦和学院)
H田中 大 (社2=東農二)
[6]笠井 (済4=桐蔭学園)
H鷲津 (現4=世田谷学園)

投手成績

選手名・学年・出身校投球回球数被安打奪三振与四死球自責点
田中 誠 (コ4=大阪桐蔭)128
比屋根 (営3=興南)0 2/319
中﨑 (観3=立教新座)31
江口 (営4=浦和学院)0 3/1

今年の立教を象徴するかのような試合だった。先発の田中誠(コ4=大阪桐蔭)は4回までに3つの四球を出すも、三塁を踏ませない。その後早大のリードオフマン・瀧澤(3年=山梨学院)にツーランホームランを打たれるが、それ以上の得点を与えず、粘りの投球を見せる。しかし、力投むなしく打線が繋がらない。この日好調の早川(3年=木更津総合)を前に、上位打線以外の出塁は三井(コ3=大阪桐蔭)の四球のみ。打破すべき課題が浮き彫りになった。
8回、3月ぶりに神宮のマウンドに立ったのは、「琉球トルネード」で知られる左腕・比屋根(営3=興南)だった。怪我からの復帰後初登板は被安打2で交代してしまうが、キレのあるストレートは今も健在していた。再びトルネード旋風を巻き起してくれるのも、そう遠くはないだろう。


今季初登板の比屋根

打線を引っ張るのはやっぱり大阪桐蔭“最強世代”だ。1番・宮﨑(コ1=大阪桐蔭)が打てば、それに負けじと3番・山田(コ1=大阪桐蔭)も打つ。この日、大学初の猛打賞を記録した宮﨑だが、「たまたま」と控えめにコメント。マルチ安打の山田も「走者は返せなかったが最低限の仕事はできた」と謙虚ながらも手応えを感じていた。合計6安打は全て、柴田(社1=札幌第一)も含めた1年生によるものだ。打力に乏しい打線の良い起爆剤になってほしい。
3安打でリードオフマンとしての役割を果たした宮﨑
私たちは皆、「勝利」を期待している。どんなに努力しても、勝たなければ、その努力は誰にも評価されない。今春、いくつもの黒星を私たちは見てきた。しかし、その裏の計り知れない努力までを私たちは見てきただろうか。計り知れない努力と、それに伴う選手たちにしかわからない重圧を、私たちは感じてきただろうか。
優勝の望みが限りなく薄い今、それでも彼らにできることは、努力し、それを勝利に繋げることだけだ。努力が報われるとは限らない。しかし、努力なしに勝利はない。だから、私たちは、彼らの努力を信じ、「頑張れ」と言い続ける。
(5月11日・田中 優里)
◆コメント◆
大学初の猛打賞を記録し、好調の#24宮﨑

(猛打賞は)たまたま。先輩方がやりやすい環境を作ってくれるので精一杯やるだけです。自分たちは失敗を恐れずになんとかやっていこうって思っています。明日は得点に絡めるような活躍をしたいと思っています。
マルチ安打で打線を鼓舞した#23山田
(早川投手は)いい投手というのはわかっていたんですけど、チャレンジャー精神をもって打席に立てたため、おかげで2本打てました。これからも自分を信じてやっていきたいと思います。