僅差の接戦を制した。先発の柳澤憲人投手(政経2=明大明治)は5回を投げて東大打線を2安打に抑える好投。明大は4回裏2死二、三塁の場面で、山田陸人内野手(法1=桐光学園)の本塁打で3点を先制。9回表に1点を失うも東大打線の反撃を食い止め、3-1で勝利した。

◆5・12 春季フレッシュリーグ戦(神宮球場)

▼対東大

〇明大3-1東大

◆5・12 春季フレッシュリーグ(神宮球場)
▼対東大
◯明大3―1東大
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
東大 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
明大 0 0 0 3 0 0 0 0 × 3

(明)〇柳澤、西城、阿南、松元、渡部―戸部

(東)●柳川、松田―山崎

【安】 (明) 4 (東) 4

【本】 (明) 山田陸(4回)

【三】 (東) 山崎(9回)

【二】 (明) 上田(4回) 

(明) ◇犠打0 ◇併殺2 ◇残塁5 ◇盗塁 原田(5回)、山田陸(6回) ◇失策0

投手陣の健闘が光った試合だ。フレッシュリーグ初登板となった柳澤。「とにかくテンポ良く投げることを意識した」と持ち味のコーナーを突く投球で5回を48球と東大打線に隙を与えなかった。守備陣も試合を通して無失策と安定感のある守りを見せ、チームの持ち味を発揮した。

一方の打線は3回まで1安打と東大先発・柳川投手を前に沈黙。だが4回裏、この試合初めて得点圏に走者を進める。迎えるは初スタメンで5番に抜擢された山田。「投手を助けたかった」(山田)と2球目を振り抜きレフトスタンドに鮮やかな放物線を描いた。「リーグ戦で結果を出したい」と上のステージを見据える山田。挨拶代わりには十分過ぎる一発だった。

 チーム内の雰囲気は良好だ。「学年関係なく声を出せている」(五十嵐寛人捕手・文2・山梨学院)と試合中はベンチからの声が積極的に飛び交う。試合のある週は下級生のみで練習を行い結束力を高めてきた。次戦は慶大戦。優勝に向けての最大のヤマ場だ。持ち前のチームワークで陸の王者を圧倒する。

[久野稜太]

試合後のコメント

今井竜司学生コーチ(国日4=豊川)

――今日の試合を振り返っていかがですか。

「最終的に勝てたというのは非常に良かったと思うんですけど、点を取ったのが山田の本塁打だけで終わってしまって、チームとしてはまだまだ反省点があるなと思わされる試合でした」

柳澤

――今日の試合の課題は何ですか。

「要所で腕を振り切れなかったところです。あとは球速を上げて相手に的を絞らせにくくことが課題です」

五十嵐

――今日の試合を振り返りいかがですか。

「なかなかチャンスが作れなかったのですが、山田がホームラン打ってくれたのはワンチャンスを生かし切れたので良かったと思います」

――試合前にチームとして何か話しましたか。

「自分たちでやることをしっかりやっていこうというのを話していました」