<写真・強豪相手に食らいつく坂根>

   5月12日、龍谷大学ボクシング場にて第73回関西学生リーグ第1戦が行われ、関学は近大に1-8で敗れた。F(フライ)級の李(経3)やL(ライト)級の荒木(法3)が強豪相手に果敢に挑むも、判定負け。LW(ライトウェルター)級の坂根も判定まで持ち込む接戦を見せるが敗北し、悔しい結果となった。また、強豪の近大が相手のため、M(ミドル)級は不戦敗。リーグ開幕黒星となった。

    次戦は5月19日、龍谷大学にて同大戦が行われる。


【試合結果】

LF級 高橋(文4)不戦勝○

F級 李 判定負け×

B(バンタム)級 元永(商4) 判定負け×

B級 久高(法2) RSC負け×

L級 松井(教2) 1RRSC負け×

L級 荒木  判定負け×

LW級 坂根  判定負け×

W(ウェルター)級 前田(商3) 判定負け×

M級 不戦敗×

試合後のコメント

元永光太郎主将「去年の優勝校である強豪相手に、去年よりもいい試合ができていたと思う。しかし、試合前に前向きに練習ができていた分、悔しさが2倍3倍と込み上げてくる。次の試合に向けて、短いスパンの中でこの沈んでいる気持ちを切り替えていきたい。リーグはあと4戦。しっかり勝ちにいく」