<写真・得点を決め、ハイタッチをする選手たち>

 5月12日、京都産業大学にて2019年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ第10戦が行われた。関学は甲南大と対戦し、3-0で勝利。3連敗を脱し、6勝4敗とした。

 昨秋季リーグ戦でフルセットの末敗北した甲南大との対戦。第1セットは、MB関(経2)のスパイクを皮切りに、WS瀧川(人1)の連続サービスエースで一気に流れをつかむ。相手のミスを誘い、25-21で第1セットを獲得した。しかし、第2セットはいきなり5連続得点を奪われ、すかさずタイムアウトを要求。その後は、瀧川、MB新田(商1)、関を中心に得点を重ね、25-19で第2セットも連取した。勝ち切りたい第3セットでは、新田の連続サービスエースで逆転すると、WS髙山(経1)が覚醒。最後も髙山がスパイクを決め、25-23で第3セットを獲得。ストレート勝利を収めた。

 次戦は5月19日、近畿大学記念会館にてリーグ最終戦が行われ、近大と対戦する。

試合後のコメント

中川礼生主将(人4)「序盤から相手のミスに助けられた部分はあったが、関学の雰囲気をつくれたことが良かった。一瞬、リズムを奪われかけたところを踏ん張れたことが、きょうの収穫。点を取って走ろうという声が自然と出て、実行できていたと思う。次戦は苦しい展開が多いと思うが、この代で戦う最後の春季リーグ戦。昨年もずっと負けている相手なので、全員で雰囲気をつくって、3-0で勝ちたい」