<写真・アベック優勝を果たした選手たち>

    5月12日、近畿大学記念会館にて2019年度関西学生卓球春季リーグ戦最終戦が行われた。男子は龍大と、女子は神松蔭大と対戦した。

    男子は1番手の重村(経1)が3-1で勝利し、流れをつくる。続く楊(経2)、高橋(商4)が敗北するがダブルスでストレート勝ちを収めた。勢いに乗り、廣田雅(経4)、卯木(法4)、大西尚(商3)が立て続けに勝利を収め、5-2で龍大に勝利。見事全勝優勝を達成した。

    一方、女子は3勝が優勝条件。1番手の小脇(社3)が接戦を勝ち切り、良い流れをつくった。だが、続く竹田(国2)、秋山(教2)、ダブルスで敗北。1-3となり、1試合も落とせない状況となった。6番手の光根(法2)が惜しくも敗北し、今試合の敗北が決定。優勝の行方は7番手の宮脇(国4)に託された。セットオールに及ぶ接戦を制し、0-2からの大逆転劇で悲願の優勝を決めた。この結果、創部史上初の男女アベック優勝を達成。また、本日で春季リーグの全日程が終了した。

試合結果 

男子団体  対龍大   ☆5-2

1重村  ☆3-1

2楊  ★2-3

3高橋  ★1-3

4高橋・廣田雅  ☆3-0

5廣田雅  ☆3-1

6卯木  ☆3-0

7大西尚  ☆3-1

女子団体 対神松蔭大    ★3-4

1小脇  ☆3-2

2竹田  ★0-3

3秋山  ★1-3

4宮脇・小脇  ★0-3

5村田 (文1)☆3-0

6光根  ★0-3

7宮脇  ☆3-2

試合後のコメント

卯木尚大男子部主将「素直にうれしい。女子は最後、負けたら優勝を逃す場面で、宮脇が勝ってくれてすごく感動した。男子は優勝が決まっている中で難しい戦いになったが、後半に突き放せた。これまで全員がアベック優勝に向けて真剣に取り組んできた。今年はチャンスだと思っていたので、達成できて良かった。今後もインカレベスト4、そして次は女子も全勝でアベック優勝を果たせるように頑張りたい」

宮脇千波女子部主将「自分が最後に勝ったら優勝することは分かっていた。0-2になったが、男子も含めてみんなが応援してくれたので、諦めることはできなかった。相手の方が実力は断然上だったが、応援が相手のプレッシャーになって勝利できたと思う。本当に応援に感謝している。今回優勝できたが、実力はまだ一番でない。一人一人がさらにレベルアップして、全員で強くなっていきたい」