明治大学 8 - 2 東京大学
勝:竹田 敗:小宗
本塁打:東大・石元 1号(8回)


序盤の固め打ちで一気に得点を重ねた明大が連勝で勝ち点を獲得


昨日、1点が遠かった明大は初回から電光石火の攻撃を見せる。
四球で添田(④作新学院)が出ると2番丸山(②前橋育英)が右中間へのタイムリーで幸先良く先制する。
さらに4番北本(④二松學舍大附)、8番西野(④浦和学院)が続き、初回から4点を奪う。

東大も反撃を開始。 2回裏、武隈(③鶴丸)、笠原(③湘南)と連打で1死1塁3塁とチャンスを作る。
続く7番大音(②湘南)のセカンドへの内野ゴロ間に1点を返す。

しかし明大も攻撃の手を緩めない。
3回表、6番内山(④静岡)と先発竹田(②履正社)の2点タイムリーで3点を追加し、リードを6点に広げる。
中盤は互いにチャンスを作れず拮抗した状態が続く。

すると8回裏、東大9番の石元(③桐朋)がライトスタンドへのソロホームランを放ち、東大が反撃を開始。
続く2番山下朋(④東海)、辻居(④栄光学園)と連打でチャンスを広げる。
しかしあと1本が出ずリードを縮めることが出来ない。

さらに明大が9回表、和田(④常総学院)のタイムリーで追加点をあげてリードを6点に広げる。
このまま試合が終了し、明大が連勝で勝ち点を獲得。